雑草取りの強力な助っ人を購入(した積りだったけど?)

2週間ほど前、裏庭の雑草の成長の早さに脅威を覚え、本格的工事(花壇を作る?)をする前に暫定的に対処しておこうと、色々と買ったものを携えてやって来ました。

先ずは、雑草を引く抜くための道具を2種類。

一つは、草取りヅメロングという製品。

草トリヅメロング

フック状の歯で土中の草の根を引っ掛けて引き抜くための道具。刃先は総焼入れしてある炭素鋼とのことで、少々乱暴に扱っても刃先が曲がったり鈍ったりといった心配は無さそう。

草トリヅメロング刃先

ところで、柄の長さは約45cm。名称に「ロング」と入っていますが、(寸法を見て分かってはいたんだけど)実際に手にしてみるとやっぱり短い。

また、刃先の横幅は50nm。これまた寸法を見て分かってはいたんだけど、実際に使ってみると、絶望的に横幅が足りない。

草取りヅメロングにて
刃先は土中の根にシッカリと食いつき、雑草を根からあっさりと引き抜いてくれますが、1回の作業幅はとても狭く、そして刃先はすぐに絡みついた雑草でいっぱいに。

3m×4mくらいのこの斜面の草取りをしたんだけど、いやいや大変でした。柄の長さが短いのでかがみながら、横幅5cm範囲の草取りを地道に繰り返しました。

草取り前

で、約4時間後の姿がこちら。

草取り後
道具としての機能には文句無いけど、あまり広い範囲をこれで作業しようというのは、もしかしたら間違った行為なのかもしれません。

もう一つ買った草取り道具は、草取り一番百発百中という製品。

百発百中

雑草の根元の土中に刃先を差し込んでいって、細い根は先端部のクシ刃でくわえ込んで引き抜き、大きな草には奥のギザ刃で根を引っ掛けて引き抜くように使うらしい。

百発百中刃先

実際に使ってみると、悪くない。この手の雑草を引き抜くのに、表面に出ている葉を引っ張ると、葉だけ千切れて根は土中に残ってしまうことが多いので、こいつは結構有効かも。

百発百中にて

ということで、どちらの道具も機能的には満足だけど、大量の雑草を引き抜こうとすると、(ある程度は軽減されるとしても)やっぱりそれなりの時間と労力を必要とするんだよね。

ってことで、次回へと続きます。


コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/2192-32a30851

<< topページへこのページの先頭へ >>