障子紙の張り替えには絶対ロータリーカッターを使うべし!

障子がボロボロ。少し前、雨の日に窓ガラスを閉め忘れたようで、雨に濡れた桟から染み出たもので変色も加わり、そろそろ限界のようです。

ボロ障子

お風呂場で古い障子紙を剥がし、新しい障子紙と障子のりを買ってきました。

障子張り替え準備

この障子のり、以前は容量の大きなボトルのものを買っていましたが、使い残した糊が微妙に固まって小さな粒になり、それが出口を塞いでしまうという事態に遭遇。

それ以来、1回で使い切ってしまうような小さな容器のものを、作業の度に新しく買うようになりました。

障子のり

その他に用意するのは、定規とカッター。特に障子の張り替えの際に使うカッターは、刃が円盤状のロータリーカッターを使うことを強くおススメします。

障子カッターと定規
普通のカッターだと、どんなに切れ味の鋭いカッターだとしても、糊で湿った障子紙をキレイにカットしていくのは至難の業。どうしても障子紙が簡単に千切れてしまうんです。

さて、新しい障子を張っていきます。

障子紙を買うと、障子紙の端を木枠に固定するための小さなテープ片が入っていると思いますが、今回はそれを使わずに、網戸の張り替え用に買ってきた網戸クリップを使います。

クリップで固定
この網戸クリップ、買って正解でしたね。テープだと、後で剥がすという手間が入るけど(これが結構面倒臭い)、クリップなら一瞬で外せますからね。

桟に糊を塗布していきます。特に深く考えず、チューブから糊を押し出しながら “適当” な速さで動かしていくと、 “適当” な量の糊が桟上に塗布されていくはず。

障子のり付け

障子紙のロールを持ち上げ、ピンと張りながら糊を塗布し終わった桟の上に障子紙をそっと下ろしていきます。

障子張り

あとは定規を押し当て、ロータリーカッターで余分な障子紙を切り落としていけば完成。

障子張り替え完了

枚数が多いとそれなりに手間と時間が取られますが、作業自体はとても簡単(カッターさえ、キチンとしたものを使えば、ね)。

その苦労も、美しく仕上がった障子を見ると、大きな(自己)満足感へと変わります。

障子張り替え完了2

いや、自分の作業の結果として綺麗になった障子って、結構満足感を満たしてくれる筈。


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/2196-5cad19df

<< topページへこのページの先頭へ >>