ブックシェルフスピーカーとスマホに時代の変遷を痛感し

今日明日にも九州から近畿近辺に台風が上陸しそうな勢いですが、関東地方にはまだ台風の影響は出ていないようです。

太陽ギラギラと共に湿度が高いようで、とにかく暑い。今日も午前中、ジョギングに出かけてきたけど、汗がダクダクと流れていく。タラタラ走りなのに、汗はダラダラ。

170806鶴見川-01

以前にも触れたことがあるけど、毎年夏になると村上春樹さんの『海辺のカフカ』を読みたく(朗読本なので聴きたく)なって、今年もここ1週間ほど走りながら聴いています。

で、今日も聞きながら走っていたら、「ブックシェルフスピーカー」という言葉が出てきて、なんかとても懐かしく感じました。

170806鶴見川-02

私がオーディオに凝っていたのはもう30~40年も前のこと。当時、ステレオ装置の中心にいたのはセパレートステレオと呼ばれるものでした。

木製の家具調ステレオ装置で、レコードプレーヤ、アンプ、チューナーが格納されたセンターユニットと、その左右にフロア型スピーカーが配置され、この3点で構成されてました。

170806鶴見川-03

このセパレート型ステレオに代わって主役の座についたのがコンポーネントステレオです。プレーヤー、アンプ、チューナー、そしてスピーカーを個別に組み合わせて構成します。

この時のスピーカーとしてよく使われたのがブックシェルフ型スピーカーだったんです。簡単に言えば、本棚にセッティングして使う小型の(大概は台座の無い)スピーカーです。

170806鶴見川-04

『海辺のカフカ』が発表されたのが15年前。その本の中で30年くらい前のものとして出てきたのが、このブックシェルフスピーカーなので、換算すると1970年前後になるのかな。

学生運動の話も出て来るので、年代的にはやっぱり1960年~1970年くらいでしょうね。

170806鶴見川-05

もちろん、今でもブックシェルフスピーカーという名称は存在しているようですが、個人的にはほとんど聞くことのない単語のように思えます。

ちょっと話は変わるけど、最近よくAmazon のプライムビデオでアメリカのシリーズもののTVドラマを見てるんだけど、ちょっと古いものでも特に古さを感じません。

ま、それはそうなんだけど、いつ頃放映されたものなのか分からないので、感覚的には去年くらい?なんて思いながら見てるわけです。

170806鶴見川-06

で、この前見ていてフッと気が付いたのは、登場人物の使ってる携帯電話がスマホではなく、折り畳み式の携帯電話だったんです。

それを見て思いました。おっと、結構古い(10年くらい前?)のを見てた?って。

170806鶴見川-07

だからなんだってこともないんだけど、たとえばドラマの中のアメリカの街並みや車や服装を見ていても、少なくとも私には10年前との違いには気がつきません。

でも、携帯電話のような進化の激しい身の回り品には、そういう時代の移り変わりが顕著に(目に見えて)現れてくるんだなって。

170806鶴見川-08

汗をダラダラ流しながら、そんなことを考えながら走っていました。


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/2201-9939e6b4

<< topページへこのページの先頭へ >>