「人生を変えるぞ!」ってくらいの気概を持ってる?

ロンドンオリンピックも終盤に差し掛かってきました。始まる前は(自分の中では)あまり盛り上がってはいなかったのですが、いざ始まってみるよ、やっぱり見てしまいますね。

今回、特に活躍が目に付いたのは「チームジャパン」でしょう。もちろん個人の活躍にも輝かしいものがたくさんありましたが、団体戦にはチームとしての絆(ちょっと手垢がついちゃったかな?)とか、一緒にメダルを取るんだという思いが直に伝わってきました。

目黒の公園

女子卓球、女子バレーボール、女子アーチェリー、男子フェンシング、女子サッカー、男子、女子共に400メートルメドレーリレー、男子体操、女子バドミントンと、9つの団体種目でメダルを取っています。

人生を変えるぞ

どう考えても女子優勢ですが、中でも一番印象に残ったのは男子フェンシングです。あの準決勝の残り1秒(0秒?)からの逆転勝利です。

準決勝でドイツと対戦する日本。序盤からリードするも最後の太田選手が終盤に逆転されてしまいます。時間が刻々と無くなる中、なんと残り1秒で追いつくんですよね。

そして同点で迎えた延長戦(1ポイント先取で勝利)で、太田選手がポイントを取って劇的な勝利を飾ったわけです。

この試合だけでも印象に残るのに十分なんですが、彼らが試合前にチームみんな(太田選手?)で話したという内容が強烈に印象に残りました。

「人生を変えるぞ! このままメダルを取らずに帰るわけにはいかない」

この“決意”が、残り1秒からの逆転劇を生み出したのでしょう。このまま負けるわけにはいかないと。

人生を変えるぞ。

力強い言葉です。

自分にその気概があるのか? 自分にとって重要な事案に臨む時、これで「人生をかえるぞ」という強い意志を持ったことがあるか? これからはどうなんだ? 

逃げずに立ち向かう

女子団体卓球も初のメダル獲得ですが、その三選手の中でも特に印象に残ったのは福原愛選手の活躍です。

あるインタビューを受けて彼女が話していた内容ですが、記憶だけなので正確ではありませんが、大体以下のような話でした。

自分に足りない所があるのは分かっていた。けれど、そこに目を向けるのは怖かったので見えない振りをしていた、自分は逃げていた。でも、それではいつまでたっても強くなれない。自分の足りない所、弱いところ、嫌なところに目を向け、それに対処していこうと決めた。

大体ですが、こんな感じの話だったと思います。

この気持ち、よく分かるんですよね。自分のダメなところなんて見たくないじゃないですか。でも見なければ存在しないかと言えばそんなことはなくて、厳然といつまでもそこにあるんです。

自分の弱さから眼をそらすのではなく、逃げるのではなく、目を向ける勇気を持つってことです。それにどういう対応をするか(あるいは、しないか)は、その後の話です。先ずは、自分で直視すること。ここからしか前に進むことは出来ないんですよね。

自分のためよりも誰か他の人のために頑張る

そして男子競泳チームの活躍。

100m、200mとメダルを取れなかった北島選手に対して、400メートルメドレーリレーの他のメンバーたちが心を一つにするんです。

北島さんをメダルを持たせないで帰らせるわけにはいかない。

そしてメダルを取ります。

日本の団体戦の活躍の象徴がここにあるような気がします。もちろん、それぞれが自分のためというのもあるのでしょうが、チームの他の人のために勝ってメダルを取りたいという思い。

自分のためよりも誰か他の人のために頑張る。

これって、人生を生きていく上でも、自分の力を最大限に発揮するための秘訣なんだと思います。




関連記事
コメント:
日本頑張りましたね。わたしは卓球が好きなので福原愛選手を応援してました。女子団体が銀、なでしこも銀、これらは金メダルに匹敵すると思っています。
[2012/08/19 16:13] | 俊樹 #- | [edit]
俊樹さん、こんにちは。

コメント、ありがとうございます。

ブログ「メダルが涙に濡れる時。」読まさせて頂きました。

女子卓球団体もなでしこも、また女子団体アーチェリー、男子団体フェンシング、そして女子バドミントンがいずれも初メダルだったと思います。

確かに「メダルのためのオリンピック」という感が無きにしも非ずですが、それでも初めてメダルに手が届くということは、そのスポーツに従事する人たちに大きな勇気を与えているんだと思います(もちろん、関係のない私たちにも)。

私は、個人的には水泳が好きで、寺川綾選手を応援していたこともあり、彼女がメダルを取ったこと、まだリレーでもメダルに手が届いたことを本当に嬉しく感じました。
[2012/08/22 12:02] | taka14 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/241-48c06d62

<< topページへこのページの先頭へ >>