8月の青い空、夕焼け、そして花

「7月の青い空、夕焼け、そして花」に続いて、8月に撮影した写真から、同じく青い空、夕焼け、そして花を紹介していきましょう。

7月のときに、「毎年7月が終わると、なんか夏が終わってしまったような気がして寂しくなる」って書きましたが、やはりそんな一ヶ月だったような気がします。

勿論、今年は快晴猛暑の日が続き、まさに夏本番という感じではあったと思いますが、気分的には「もう夏も終わり」という感覚は付いて回りました。

それでも空には夏らしい青い空と白い雲(当然だけど)。気のせいか青も白も赤も、7月よりも濃さを増したような気がします。

自宅周辺の夏景色いろいろ

近所の岸根公園です。盛夏の午前中、まだ人影もまばらです。

8月の空01

自宅のベランダから夕焼けを撮影。本当に赤が鮮やかでした。

8月の空03

所用でみなとみらいに出かけた時の一枚。夏空の感じが今一ですが、歩いている人の日傘が夏の日差しを感じさせてくれます。

8月の空02

自宅の横から真っ青な空にカメラを向けてみました。抜けるような空と重量感のある雲です。

8月の空05

これまた自宅ベランダからの一枚。夕闇に沈みつつある街並みと、まだ明るさを残す空とのコントラスト。

8月の空04

夏の花といえば向日葵でしょうか。近所を散歩した時に住宅街で出会ったちょっと小ぶりな向日葵。

0808片倉05

東急線の都立大学駅で降りて、柿の木坂商店街を進むと「めぐろパーシモンホール」に到着。パーシモンホール前の公園で遊ぶ親子。

8月の空08

またまた自宅ベランダからの夕焼け写真です。同じように見えながらも、その時の雲の状態によって様々に表情を変える夕焼け空は、いつ見ても新鮮な印象を与えてくれます。

8月の空06

南箱根の夏

南箱根で夏休みの何日かを避暑していた時の写真。いかにも別荘地ですという雰囲気があります。

8月の空07

避暑地は山の上にあるので、至る所にヤマユリが咲いています。高い斜面にあるヤマユリを下から青空をバックに写すと、我ながらいい写真になりました。

2012夏箱根10

鶴見川周辺で出会った夏

日産スタジアム近くからの一枚。既に陽は沈んでしまいましたが、夕焼けの残り陽が空の雲を赤く染めて、なんか物悲しい雰囲気を醸し出しています。

8月の空09

夕方、鶴見川CR沿いにランニングに出かけたら、帰る頃には日が暮れて夕焼け空になっていました。まだまだ夏ですが、着実に日は短くなってきています。

8月の空10

なんてことはない空の雲。

8月の空11

日産スタジアムの夏。フィールドの緑と空の青が気持ち良く映えていました。

8月の空12

自転車でトレーニングに出かけての帰り道。手前に反射して見えるのは鶴見川、その向こうに見えるのは言わずと知れた富士山です。冬にはよく見える富士山も、夏に見えることはあまりありません。これも着実に秋に近づいている証拠でしょうか。

8月の空13

あまり夏景色とは関係ありませんが

久しぶりに浅草に来ました。何度も来ながら、スカイツリーのライトアップを自分の眼で見るのは初めてのことです。嬉しくなって思わず何枚も写真を撮ってしまいました。

8月の空14

さて、このシリーズの次の写真の頃には、もう秋風が吹いていることでしょう。




関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/255-5f53a519

<< topページへこのページの先頭へ >>