横浜駅海側~大桟橋~山下公園~海の見える丘公園(前編)

久しぶりに横浜港近辺を散策。前回は夏の真っただ中でしたが、今日は気温的には真夏ですが、時折り頬を撫ぜる風には秋の気配を感じました。

周回コースに毎回それほど変化があるわけではないので、なんとなく同じような風景の写真になってしまいますが、その時々の空気感によって微妙に異なる風景を切り取って、お見せすることが出来ればなって思います。

横浜駅の裏側(?)を通ってみなとみらい地区へ

横浜駅東口から少し離れたところに SOGO があり、更に川(海?)を挟んで BAY QUARTER がありますが、それを更に海寄りから見た絵です。

0911みなとみらい02
左のビルが SOGO で、右が BAY QUARTER。その間は通路で繋がれています。右下に見えるのは SEA BASS(シーバス。BASS は魚のスズキのことだそうです) の発着所。

シーバスが出発。この水上バスで、横浜駅東口から山下公園へとベイエリアの名所を海から眺めながら横浜の主要観光地を移動できます。料金は、横浜駅東口から山下公園まで15分間、700円とちょっとお高め、かな。

0911みなとみらい01

毎度登場のランドマークタワー。日本一高い高層ビルですが、大阪にこの高さを超えるビルが建築中との話題を最近目にした記憶があります。

0911みなとみらい03

都市伝説「横浜三塔物語」?

前回、神奈川県庁本庁舎は横浜の三塔の一つで「キング」の愛称で親しまれていますと紹介しましたが、せっかくなので残りの二塔、横浜税関本関庁舎(クイーン)と 横浜市開港記念会館(ジャック)を揃い踏みでご紹介。

こちらは前回の説明の通り神奈川県庁本庁舎。

0911みなとみらい08

第二の塔、横浜税関本関庁舎。愛称はクイーン。緑青色のドームが印象的な建築物で、安政6年、開港とともに横浜税関の前進である「神奈川運上所」として開設され、明治5年に「税関」と改称されたそうです。(現庁舎は、昭和7年建築の3代目とのこと)

0911みなとみらい06

第三の塔、横浜市開港記念会館。愛称はジャック。明治42年の横浜開港50周年を記念して建設が決まり、市民からの寄付によって、大正6年に竣工しています。国の重要文化財に指定されていますが、横浜市中区公会堂として使われながら保存されているという、全国でも珍しい建造物とのことです。

0911みなとみらい07
どの塔も内部を観覧することが可能で、特に神奈川県庁本庁舎は屋上へ出ることができ、横浜ベイブリッジ、日本大通り、みなとみらい21地区など、横浜らしい風景が一望できるとのことで、次回は是非とも内部に足を踏み入れてみたいと思います。

横浜三塔を一望するスポット(三塔自体ではないんですね)をめぐると願いがかなう、という都市伝説「横浜三塔物語」なんてのもあり、毎年3月10日の「横浜三塔の日」(初めて知りました)には、横浜三塔にまつわるイベントも開催されるそうです。

「象の鼻パーク」から横浜港大さん橋国際客船ターミナルへと向かう

横浜税関本関庁舎から海方向に道を一本渡ると「象の鼻パーク」です。「象の鼻パーク」なんて変な名前だなって思っていましたが、この近辺の「象の鼻地区」という名称に由来しているんですね。

正面に見えるのは、山下公園と象の鼻パークを結ぶ山下臨港線プロムナード(遊歩道)です。

0911みなとみらい09
象の鼻明治時代、波止場の形状が左図の赤線のように「象の鼻」の形をしていたことから、象の鼻地区という名称となったようです。

上の写真の遊歩道とテラスの間、海の先にチラッと見えているのが、この波止場(東波止場)の名残りですが、今は防波堤兼ビュースポットになっています。

東波止場の対面にも西波止場というのがあり、二つの波止場で囲むようにすることで、外からの波を抑える目的があったようです。


その東波止場の横を通って大さん橋に向かおうとするところには、山下臨港線プロムナードが走っていますが、そこにはこんな文字が。

「WELCOME TO YOKOHAMA YOKOHAMA INTERNATIONAL PASSENGER TERMINAL」

0911みなとみらい14

この文字の下の壁面には昔の絵(?)が描かれています。この絵には、既に大さん橋も赤レンガ倉庫も存在しているので、明治も後期の時代を描いたものでしょうか。

0911みなとみらい15

この少し手前にあるのが、前回も紹介しましたが、北欧料理レストラン「SCANDIA」。創業50年になるという老舗だけに趣があります。

0911みなとみらい111

横浜港大さん橋国際客船ターミナルの入口手前にあるビルは、横浜港大さん橋ふ頭ビル(旧ターミナルビル)です。この特徴的な形は、WELCOMEの"W"の文字を形どっているとのことで、その内部は1階が待合ロビー・船会社発券カウンターになっています。夜になるとブルーにライトアップされるそうなので、一度夜景を見に来たいな。

そう言えば、象の鼻パークも夜にはライトアップされるとのことなので、是非一度身に来ましょう。

0911みなとみらい13

このビルの向かい側に位置しているのが、今は防波堤になっている東波止場の名残りです。そこから見るみなとみらい地区。

象の鼻パークから

そして横浜港大さん橋国際客船ターミナルです。道路の両側のスロープから歩いて内部へと入っていくことが出来ます(多分。次回、確認してみます)。

0911みなとみらい12

ちょっと長くなってしまったので、前編、後編に分けてお伝えします。後編は、山下公園から港の見える公園へと続きます。


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/262-d84ceead

<< topページへこのページの先頭へ >>