MonotaRO(モノタロウ)でALLIGATORの自転車パーツ購入

MonotaRO(モノタロウ)というネットストアで150円のテールライトを買ったという記事を書きましたが、そもそもネット上を検索して購入しようとしていたのは、ロード用のブレーキシューでした。

子供が乗っているロードレーサー(約30年前に買ったクロモリフレーム)のブレーキシュー(キャリパーブレーキ)がかなりすり減って来てしまい、ブレーキの効きが悪いと言うので交換しようとかと。

それほど選択肢がたくさんあるわけではなく、一番無難なのはこの SHIMANO BR-1055 でしょう。前後2セット交換して1300円弱。ノーブランドでもいいからもう少し安いのはないのかなって探したら見つけました。

キャリパーブレーキ用ブレーキシュー ALLIGATOR RD-320 が204円

ノーブランドはなく、ALLIGATOR という100年近い歴史を持っているメーカーのRD-320 という製品です。Amazon 価格で1セット380円なので、SHIMANO より4割近く安く買えます。

ロードブレーキシューただ、Amazon の商品写真がしょぼいんだ。これで使えるのかな?って感じなので、この写真を見て買うのをためらっている人はたくさんいるんじゃないかなー。

でも私の場合、以前にALLIGATOR ブランド の Vブレーキ用のブレーキシューを買ったことがあったので、品質に問題の無いことは分かっていました。

それも、Amazon のマーケットプレイスで買ったんだけど、その時は価格45円で送料が500円というものでした。

そして、ALLIGATOR で更に検索していたら出会ったのが、この MonotaRO というネットストアだったのです。

このお店だと、ALLIGATOR RD-320 が何と204円です。SHIMANO BR-1055 の1/3以下の価格です。

写真を見て分かる通り、(当たり前だけど)パッケージもキチンとしているし、製品もしっかりとした作りになっています。

Vブレーキ用ブレーキシュー VB-620 は236円

Vブレーキシューキャリパーブレーキシューを4セットに、ついでに予備としてVブレーキ用のブレーキシュー(VB-620:Amazon で580円のものが、ここだと236円と60%オフ)も4セット購入。

このお店、3000円以上の購入で、500円の送料が無料になるので、他のパーツも買おうかと色々と探していると、思いの外、自転車用のパーツ類も充実しています。

この際だからあれも、これもって買い物かごに入れていたら簡単に3000円を超えてしまいました。

いっぺんに必要な物を全部買ってしまうと、次回何かをフッと買いたくなった時、買うものが無いと3000円までもっていくのが大変になってしまうので、今回は抑え気味に。

小物類やステンレス用ハンダ等を買って3000円をクリア

小物類だと、前々から買わなくちゃって思っていた、同じくALLIGATOR ブランドのブレーキケーブルとシフトケーブル用のアウターキャップに、仏式バルブキャップなどを数セット購入しました。

その他パーツ
当初、ブレーキケーブル、シフトケーブルのインナーキャップも買う積りで買い物かごに入れたのですが、ちょっと心変わりして別の手段にしてみることに。

ステンレス用ハンダセットそして、替わりに買ったのがステンレス用ハンダと、ステンレス用フラックスです。

以前から、ケーブルの末端処理をハンダでやるという知識はあったのですが、実際にはやったことがありませんでした。

今回、インナーキャップを買う代わりに、ハンダでやってみようかと調べてみたら、ケーブル類はステンレス製のものが主流なので、普通のハンダでは無理らしいということが分かりました。

ということで、ステンレス用のハンダと、ハンダ付けを容易にするフラックスというものを買ってみました。

実際の作業はどうだったかの報告は、また後日。

ブレーキシューチューナーなるものの存在を知る

余談ですが、今回ブレーキ回りのことを調べていて、「タックス ブレーキシューチューナー」なるものの存在を知りました。

これ、「リムとブレーキシューの間に挟んでブレーキレバーを握り、ブレーキシューを固定するだけで、リムに対する高さ・角度・トーインのセッティングが自動的にOK」という優れモノです。

ブレーキシューの位置決めが一発で、しかも簡単に行える工具なわけです。実際、ブレーキシューの交換って、どれだけ慣れていても面倒臭ささは変わりませんからね。

その面倒臭さは、「リムに対する高さ・角度・トーインのセッティング」の面倒臭ささに違いないのですから、これを自動的にやってくれるというのは、かなり画期的ではないでしょうか。

問題は価格。シンプルな構造の割には2700円とちょっとお高め。780円くらいなら買ってもいいかも(怒られる?)。

逆に言うと、構造はシンプルなんだからアイデアだけパクって、自分で作ってみるというのがベストの選択かも。

この“自作”の報告も、また後日。



コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/288-d80b0ffe

<< topページへこのページの先頭へ >>