浅草の名画座が閉館 --- 何かをやるチャンスは「今」しかない

今日、ラジオでニュースを聞いていたら、常設映画館発祥の地である浅草で、最後まで映画上映を続けてきた名画座3館が10月21日、閉館したとのこと。

この3館は、浅草新劇場、浅草名画座、浅草中映劇場なんですが、場所的には浅草六区のウィンズ浅草(場外馬券売り場)の前に並んであり、新劇場は日本映画の名作、名画座は任きょう映画や喜劇、中映劇場は洋画をそれぞれ中心に上映していました。

今年の春頃、浅草の街をブラブラしていたら、名画座の前にいました。上映中の映画のポスターがなんか懐かしくて。

名画座
ポスターの写真を撮ったのですが、前面のガラスの反射でうまく撮れませんでした。次回、PLフィルターを持ってきてもう一度撮影しながら、映画館に入って映画も観てみようと思っていました。

それが閉館のニュース。

今年の頭に奥さんの実家がある浅草で新年会がありました。その時の思いを「その体験は、あと何回くらいできそうですか?」という題で書きました。

親族が集まっての新年会、友人知人との花見、家族で海水浴、・・・・。人それぞれ、毎年同じ様な行事が繰り返され、その時は「また来年もね!」って何の疑問も持たずに言い合います。

でも、次回も同じように行われる保障なんてどこにもありません。当たり前!

それなのに、また次回も同じようなメンバーで同じような楽しい時が持てるよねって、何の疑問も持たずにいる自分がいます。

名画座閉館のニュースを聞いた時、(ちょっと違うけど)同じような感慨を持ちました。いつか来ようって思っている内に半年が過ぎ、そして名画座は無くなってしまいました。もう二度と名画座で映画を観ることはできません。

分かっているのに忘れてしまう真実---チャンスが再び訪れるとは限らない。極端に言えば、明日生きているっていう保障だって無いわけですから。

何かをやろう、やってみたいって思ったら、その思った時に実行する。その「思った」ことが最大のチャンスなんです。よく言われますが、「いつか」は決してやってくることはないのです。

浅草観音温泉も気にはなっていて

そう言えば、浅草でもう一つ気になっていた場所が。こちらも春先に出会ってから気になりながらも再訪していな浅草観音温泉。

浅草観音温泉

少し前に、SMAPの稲垣吾郎さんでリメイクされ話題になった大関のCMですが、オリジナルで「酒は大関、心意気」と、加藤登紀子さんの歌をバックに、雨の中、濡れて走ってくる若尾文子さんに自分の傘を渡し、自分は濡れながら去って行ったのは田宮二郎さんでした。1971年のCMです。

三船敏郎さんの「男は黙ってサッポロビール」は1970年です。

ということで、この看板、40年以上前のものなんです。ツタの絡まる建物といい、入口近辺のレトロな感じといい、正真正銘の“昭和”がここにあります。

入浴料は700円。一度、入ってみたいと思いながらも、ちょっと怖い気持ちも。



関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/308-bb2b5c67

<< topページへこのページの先頭へ >>