25年くらい前の大晦日、マドリッドで買ったクラシックギター

押入れの奥から30年振りに引っ張り出してきたフォークギターを、iPhone のアプリでチューニングする所まで来ました。次は演奏ですが、当然のことながらコードもほとんど忘れているし、指の先も柔らかいので弦をうまく押さえることもできません。

つくづく恵まれた時代だなって

地道に練習していくしかないのですが、「ギターの練習」とかで検索すると、いくらでも出てきます。それもYouTubeの映像付きで。チューニングアプリの時も感じましたが、本当に便利な時代になりました。

guitar appこれまで余り深く考えたことはありませんでしたが、習い事とかで“映像”が見れるって画期的なことですよね。

昔は先生のところに行って教えてもらわなければならなかったことが、(程度は違うけど)自宅のパソコンの前で練習できるようになるのですから。

今回のギターの練習とかだと、映像と共に“音”も聴けるわけですから、30年前の練習を考えると、もうどれだけ楽になったかってことです。

それこそ、コードの指の形だけを覚えるなら、iPhone のアプリだけでギターさえも不要なわけです。いやいやいや、恵まれた時代だなって(年寄りくさいですが)。

日本中の若者が憧れた白いギター

土井まさるさんが司会で人気だったバラエティー番組「TVジョッキー」で、賞品だった白いギターに憧れたのが高校生の頃かな。

学生時代に実際にギターを手に取り、友達とバンドを組んで学園祭で1曲だけですが弾いた記憶があります。確か、オフコースの「あれがあなたの好きな場所」だったかと思います。一生懸命、アルペジオとか練習してました。

ただ、当時のことを思い出してみると、(自分の)ギターを持っていなかったんですよね。覚えているのは、下宿の先輩からギターを借りていたこと。それも何年間も。

(下宿といっても、四畳半一間の学生用の2階建てアパートで、共同流し、共同風呂、共同トイレで一ヶ月7000円でした。千葉県野田市のなんにもない田舎でしたが、大学から歩いて5分くらいと便利ではありました。2年くらい前に自転車で、当時の面影を探して走り回ってみましたが、下宿があったであろう場所さえ特定できませんでした)

雑誌フォークギターもう記憶も定かではないけど、多分1年生のどこかで、同じ下宿の先輩が持っていたクラシックギターを借りて、そのままその先輩が卒業して下宿から出て行く寸前まで借りていたと思います。

2年以上も私の部屋にあったわけですから、当然その先輩はギターを弾けずに(多分、もう一台持ってたなんてことはないと思います)いたんですね。今考えると、ひどいことをしたなあって思います。

あの頃に帰って、お詫びもし、キチンとしたお礼もしたいなって。

うーん、色々と思いだしていくと、世間知らずで礼儀知らずでダメダメな奴だったなって、冷や汗が出てきそうです(と言って、「今は成長した」とも声高には言えませんけどね)。

マドリッドで大晦日にクラシックギターを購入

社会に出て何年か経った頃、会社の先輩に誘われて海外旅行に行くようになりました。旅行社のツアーではなく、格安の航空チケット(アエロフロートとか大韓航空が多かったですね)を買って、宿泊は現地で安そうなホテルを足で探してという旅でした。

トーマスクックヨーロッパには何度か行きましたが、オレンジ色が鮮やかなトーマスクックのヨーロッパ鉄道時刻表を買い、電車を調べながら旅のルートを計画し、ユーレイルパスを持って出かけていきました。

旅の途中で年末年始をスペインのマドリッドで過ごしたことがあり、夜遅く、年明けに向けてのイルミネーションで飾られた街中を歩いていたら一軒の大きな楽器屋さんがありました。

中に入って見てみると、所狭しとクラシックギターが並んでいます。一緒に旅していた会社の先輩もギターを弾くこともあり、スペインと言ったらフラメンコ、そしてクラシックギターでしょうと気分も盛り上がり、それぞれギターとケースを購入し、そのお店から船便で日本に送ってもらうように頼んで店を後にしました。

記憶に間違いがなければ、大晦日の夜10時くらいだったと思います。何年かは忘れてしまいましたが、25年くらい前のことでしょうか。

クラシックギター

いま見てみたら、「14.800ペセタ」との値札が貼ったままでした。当時のレートを覚えていないので実際にはいくらくらいだったのかなあ。多分、1万円前後だと思います。

ギターケースは、船便で日本に送るのに必要だったので、お店で一番安いのを買ったように記憶しています。今では、ビニールも剥がれてきて木地が剥き出しになっています。

あの頃から30年と思うと、ギターを買ったお店はまだあるのかとか、色んな事を思います。雑誌「フォーク・ギター教室」の中の写真を見ると、若き日の吉田拓郎や武田鉄矢がいて・・・・・。


コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/310-31de76df

<< topページへこのページの先頭へ >>