2800円で手に入れたアイアン8本セットを試す?

ここ何年か、アメリカン倶楽部というゴルフクラブを製造、直販しているメーカーのハイブリッドアイアンを使っているのですが、これが使いやすいんです。

カーボンシャフトアイアンの8本セットを2800円で手に入れる

何よりここのクラブの特徴は、その値段にあります。フェアウェイウッド、ユーティリティー、そしてハイブリッドアイアンと、大体5,000円~6,000円の価格設定になっています。

アイアンセットドライバーでさえ10,000円前後からあります。一時、ドライバー一本10万円というのも珍しくない時代もありましたが、全体的に下がって来た今でも10,000円は破格の安さです。

それも安かろう悪かろうではなく、飛距離も十分だし、打ち易さも上に書いた通り(個人的には)申し分ありません。

そんなこともあり、一度、このアメリカン倶楽部のアイアンを使ってみたいなって思っていたんです。とはいえ、セットで買うとなると一番安くても35,000円くらいするので、試しにと言えるほど気軽な値段ではありません。

先日、フッと思い立ちオークションで探してみるとありました。CHARGER X'-Ⅱというクラブで、それなりに年数は経過しているようですが、あまり使っていなかったのか(写真で見る限り)状態は悪くありません。

誰も競う人がおらず、すんなりと落札。落札価格は2800円。8本セットなので、1本当りに換算すると350円! まあ、これなら失敗しても悔いはないでしょう。

ショートコースのティーグラウンドでダフッたのは久しぶり(それも池ポチャ)

本当は練習場で試してから本番に臨むのが良いのでしょうが、練習場に行かなくなってもう何年経つことでしょうか。練習とはすっかり無縁の月一ゴルファーになってしまいました。

ということで、久しぶりのゴルフで早速使ってきました。

打ち心地は? うーん、多分悪くないと思うのですが、カーボンシャフトになってクラブの重心位置が変わったせいか、今日はダフッてばかりで、クリーンヒットが少なかったこともあり、もう一つ判断ができません。

これまで使っていたスチールシャフトのクラブと重心位置(クラブヘッドの重心位置ではありません)を比較してみました。

アイアン比較
下が今回購入したカーボンシャフトのクラブ。上のスチールシャフトのクラブと比べると、約5cm重心位置が下がっている(クラブヘッド側に寄っている)のが分かります。

重心位置が下がっているということは、ヘッドの重さをより感じられるということかな? いわゆるヘッドが“効いて”いる状態になり易いのかもしれません(すみません、知識不足です)。

もう少し使いこんでみないと、何とも言えませんね。家出素振りの練習でもしようかな。

ゴルフ用GPS

ゴルフGPSもう一つ、ゴルフ用のガジェットを紹介。Shot Navi シリーズの POCKET neo という製品です。

ゴルフ用のGPSで、GPS衛星を使って自分の位置を測位し、内部に収録されているゴルフコースのデータからグリーンやハザードまでの距離を表示してくれます。収録ゴルフコースは国内カバー率100%とのことです。

ゴルフ場について操作を開始すると、そのゴルフ場の名前を表示してくれるので、それを選択すればそれでOKです。後は、自分が何ホールでプレーしているのかも当然自動的に判別してくれるし、自分のいる地点(ティーグラウンドやボールの落下地点)を登録していけば、そのクラブでの飛距離も知ることができます。

購入した当時は、まだクラブの番手毎の飛距離が分からなかったので、これを使って確認したりしていましたが、それがある程度分かってくると、グリーンまでの距離測定(それも最後の一打だけ)にしか活躍していませんでした。

それが今回、新しいアイアンを手に入れたので、その飛距離を調べようと楽しみにしていたのですが、上記の通りショットが安定せず、番手毎の飛距離を調べるまでの状態にはなりませんでした。

ということで、そのお楽しみは次回に持ち越しです。

追記:翌日、右腕が筋肉痛です。

ダフッて調子が悪かったのはアイアンだけでなく、ドライバーも大きくフックしたり、お辞儀をしたような軌道でぜんぜん距離が出なかったりと絶不調だったのですが、どうやら右腕にあったようです。

結局、右腕を使い過ぎていたんですね。ボールを飛ばそうと力が入って、ついつい右腕を使ってしまったようです。

それではダフるのも納得です。以後、気をつけます。





関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/314-7be4c070

<< topページへこのページの先頭へ >>