なんと、いつの間にか車検が切れていた!

保険会社から送られてきた自動車保険の書類を何気に見ていたら、車検の有効期間の項目が目に入りました。そろそろ車検切れの一ヶ月前に入る頃かなって思っていたら大間違い。

なんと、数日前に車検が切れていました!

これは困った! どうすればいいんでしょ?

ネットで色々と調べて行くと、車検を取得すること自体は(車検が切れていても)何の問題も無いらしいということが分かりました。

無車検のクルマに乗って警察に捕まると

問題は車検場までの行き方(私の場合、ユーザー車検です)。無車検のクルマに乗って捕まると(捕まらなくてもダメなんですけど)減点6で、過去に免停の経験がなくても1発で30日の免停になるようです。

更に反則金ではなく刑事罰として、6ヶ月以下の懲役又は30万円以下の罰金も科せられます。

これまで交通違反の点数を気にしたことがありませんでしたが、少し調べてみると結構怖いことに気がつきました。

無車検+自賠責も切れている状態だと、更に6点追加で合計12点となり、90日の免停と1年6ヶ月以下の懲役または80万円以下の罰金(無保険での免停1年と罰金50万円が加算されます)になってしまいます。

更に過去に違反歴があったりすると簡単に「免許取消」になってしまいます(過去に免停の履歴が無くても、15点で免許取消、免停の履歴があったりすると・・・かなりマズイ状態に)。

更にさらに、無車検のクルマは任意保険も“適用外”としている保険会社が多いとのことで、この状態で事故を起こすと“一生モノ”の債務も負ってしまう可能性もあるのです。

いやー、正直、軽く見ていました。最近、クルマに乗る機会はそれほど多くはないけれど、万一にもこの状態で事故を起こしていたらと思うと、後から考えて青くなってしまいます。

「仮ナンバー」を交付してもらって

ということで、短い距離とはいえ、このままクルマを運転して車検場まで行くわけにはいきません。ディーラーに頼んで、取りに来てもらって、そのまま車検もお願いするというのも一つの手段なのですが、それだとかなり割高になりそうです。

もう一つ、「仮ナンバー」という手段があるようです。

区役所に行って申請をすると、車検の切れた自動車を、運輸支局へ検査・登録のために運転して行く場合などに、臨時に公道を走行できる「仮ナンバー」を発行してくれる「臨時運行許可制度」というものがあるそうです。

たまに見かける赤い斜め線の入ったナンバープレートですね。これを、現状のナンバープレートの上に被せて取り付けるようです。

申請の際に必要となるのは、
  • 印鑑
  • 自賠責保険証の原本(コピー不可で、運行する期間が保険期間内であること)
  • 自動車検査証
  • 運転免許証
1回1件につき750円の手数料がかかり、許可される期間は行き先が市内や近県の場合、「3日以内」となっています。

運行期間終了後5日以内に直接、区役所へナンバープレートと許可証を返さなければいけないとのことで、少し面倒くさいですが背に腹は代えられませんからね。

これで何とか車検場まで行く算段はつきそうですが・・・・・。

“事前対応”しないと、更に面倒くさいことに

確かに勘違いもあったのですが、車検が近づいて来ていたことは認識していたのに、それが正確にいつなのかを調べなかったことが今回の騒動に繋がっているわけです。

分かっちゃいるのに、いつかやらなければならないと知っているのに、面倒くさいから先送り。その結果、さらに面倒くさいことに。

そう言えば、アチーブメントの青木先生がいつも言っていたことを思い出しました。それは、「事前対応」ということ。何事も、先を見越して先手先手と手を打って行くことで、何事もよりスムーズに流れていくんだと。

私の「生活の中心」の中に置く“原則”として、このことも加えたいと思います。

いつか必ずやらなければならないことは、とにかく直ぐにやる。何事も事前対応。

さて、この後の手順としては、クルマの点検整備をすると共に、インターネットで自動車検査の日時の予約(私の場合、神奈川運輸支局)をしてという流れになるのですが、この点検整備で更なる波乱が待ち受けていました。

続きは、点検整備の内容も含めて次回に。


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/315-e11e289a

<< topページへこのページの先頭へ >>