痛んだクロスバイクをレストアして新品の如く? - 解体編

レストア前提のクロスバイクを購入し、どこから手を着けていこうかと毎日ワクワクしているのですが、取り敢えずパーツを外すところから。

取り外したパーツ達です。

レストア部品取り外し
パーツを外す度に思うのですが、自転車ってシンプルに出来ているなって。ここに写っていないのは、フレーム(+フォーク、ヘッドパーツ)、ホイール(+タイヤ、チューブ、リムテープ)、クランク(+スプロケット、BB、ペダル)、チェーン、ハンドルバーとブレーキワイヤーだけです。

それぞれのパーツの型番の確認と重量測定をしていきます。

変速パーツ

フロントディレイラーフロントディレイラー 
Shimano FD-R440

重量:98g

ネジに若干のサビが見えるけど、それ以外は汚れを落としていくだけで、それほどの苦労も無く、かなりきれいな状態に戻せるでしょう。






リアディレイラーリアディレイラー
Shimano DEOR XT

重量:235g

ネジ回りがサビて、薄汚れて見えるけど、全般的な状態としてはそれほど悪くない。

何カ所かキズが入っているので、その辺りの処理がポイントかな。





カセットスプロケットカセットスプロケット
Shimano CS-M580(11-32T)

重量:340g

裏側に若干サビが浮いているけど、全体としてはかなりキレイな状態。ほとんど使われた形跡が無いくらいに感じる。







ハンドル周り

ステムステム
FSA XC150
(90mm、ハンドル径:25.4mm、6°)

重量:145g

取り付けボルトのサビの処理だけ。








シフトレバーシフトレバー
Shimano SL-R660

重量:296g
(インナーケーブル、アウターケーブル込)

全体的にキレイで状態はいいのだけど、残念ながら左右共にレバー部分に亀裂が入っている。

金属のベースが入っているので操作上での問題は無いと思うけど、見た目が悪いので補修予定。

ブレーキセット

ブレーキレバーブレーキレバー
Avid Speed Dial 7

重量:177g

ブレーキのレバー比を自由に設定する事が出来るので、Vブレーキからメカニカルディスク、カンチ、キャリパーまで全てのブレーキに対応可能なようです。

ネジのサビ処理と、黒の塗装部分がかなり剥げたり色褪せたりしているので、要再塗装。


VブレーキVブレーキ
Avid Single Digit 7 Brake System

重量:332g

ブレーキシューの交換は当然として、こちらもブレーキレバーと同じく、ネジのサビ処理と、黒の塗装部分の再塗装が必要。







シート2シート
Fizik Rondine Wing Flex

重量:361g

レールが結構サビているので、このサビ落としと、シート表面が擦れて白っぽくなったり、傷付いたりしているので、その処理もしたい。






シートポスト2.シートポスト
PROCRAFT 

重量:213g

型番が分からない。本体にも記載が無いし、ネットを探しても該当しそうなタイプが見つからない。

シートレールを固定するためのボルトが前後に2本あるんだけど、固定は主に後ろのボルトが担って、前のボルトは、シートの角度を調整するためにあるような感じ・・・・・かな?

シートポストクランプシートポストクランプ
PROCRAFT Elite Road

重量:28g

ネジ回りにサビが少し。









その他のパーツ

クイックレリーズ2クイックレリーズ
FSA QR Skewers Scatto Road

重量:143g

このパーツは、部分的にだけどサビの進行が結構いってる感じ。

隙間がサビたり、黒いパーツと接触している部分がサビたりと、サビ落としに苦労しそうです。




バーエンドバーバーエンドバー
TRIGON BE-101A

重量:94g

カーボンバーエンドなんだけど、そのカーボン部分が擦れたり、傷ついたりしているので、このパーツの補修は結構面倒くさいかも。

でも、いいパーツなんで、何とかキレイにしたいなあ。



ついでなんで、他の外したパーツの重量も測定しておきましょう。
  • グリップ 重量:94g
  • PROCRAFT ハンドルバー 重量:145g
  • ブレーキケーブル 重量:73g(インナーケーブル、アウターケーブル、ガイド)



コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/353-06f8820a

<< topページへこのページの先頭へ >>