みなとみらいの夜景に魅せられて

今日は、歩いてみなとみらいまでお出掛け。自転車で行くのと基本的には同じ道を通っていくのですが、反町駅前から青木橋までの区間を、始めて「東横フラワー緑道」を歩いてみました。

東横フラワー緑道

2004年2月にみなとみらい線の横浜~元町・中華街間が開業し、東急東横線との直通運転が開始されたのに伴い、東横線東白楽~横浜間は地下化されました。

この地下化されてできた廃線跡を遊歩道にしたのが東横フラワー緑道です。区間的には東白楽駅から横浜駅の手前まで続いているのですが、今回は途中の反町駅前から歩きました。

みなとみらい夜景1
遊歩道脇の緑の屋根の建物ですが、周囲を回っても入口の扉も無く、何だろうと不思議に思っていたら、遊歩道の真下にある反町駅の空調の室外機やトンネル換気用の送風機を収めた建物だそうです。

反町駅から少し歩いたところにあるのが高島山トンネルです。遊歩道が出来る前は、反町から横浜に歩いて行くためには、このトンネルの上の急坂が続く住宅地を抜ける(私が毎回自転車で通っている道)か、第一京浜まで迂回する必要があったのですが、現在はとても便利になったようです。

みなとみらい夜景2
この高島山トンネル、大正12年の開通との事でとても古いトンネルなのですが、遊歩道として開放するに当たっては、安全性向上のための補強がなされてるそうです。

トンネルを抜けたすぐ右手の高ーいところにあるのは本覚寺です。創建は、なんと1226年とのことで、非常に歴史のあるお寺さんなんです。

みなとみらい夜景3
この土台の部分は、昔はどうなっていたのでしょうか?

横浜ベイクォーター、昼間の様子。真ん中にある木は、夜はクリスマスツリーになっていました。

みなとみらい夜景4

夜の帳が

所用が終わり帰路に付く頃には、みなとみらいは夜の帳が降りようとしていました。

ランドマーク

アンパンマンこどもミュージアム。その存在は知っていましたが、ここにあるとは知りませんでした。イルミネーションの灯りに魅かれて近づいて行ってみたら、そこにありました。大通りからは少し外れているので、昼間だったら気がつかなったと思います。

みなとみらい夜景5

夜のランドマークタワー。夜の青さがますます濃くなっていきます。

みなとみらい夜景6

こうやって見てみると、みなとみらいの居住者って結構多いのかも

みなとみらいのマンション群。鮮やか。

みなとみらい夜景7

夜の横浜ベイクォーター。眩いばかりの明るさで、この距離だとクリスマスツリーの存在が分かり難いですね。

みなとみらい夜景8

ザ・ヨコハマタワーズタワーイースト&ウェストや、他のマンション群。因みにこちら側は、もうみなとみらいではなく、栄町という地です。

みなとみらい夜景9

マンション群の手前にある変な形の建物は、マリノスタウンの建物だと思います(多分)。

みなとみらい夜景10

みなとみらいの夜景も、これでお別れ。

みなとみらい夜景11




関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/361-0dc39be7

<< topページへこのページの先頭へ >>