クロスバイクをレストアして新品の如く? - Vブレーキ&レバー

レストアのためにクロスバイクから取り外したパーツ磨きの、今回はVブレーキ&ブレーキレバー編。パーツは、Avid の Single Digit 7。

ブレーキ本体、ブレーキレバー共に、グラファイト仕上げ(グレーっぽい所)の部分と黒塗装部分、そしてボルト関連の3パートを別々に手を入れていきます。

ブレーキレバー

先ずはボルトと金属の軸部分を磨いていきますが、ここは簡単に終了。

ブレーキケーブルのテンションを調節する先っぽの部分(?)は、アルミパーツですが黒塗装がかなり剥げてしまっています。ここは取り外して、黒塗装を数回繰り返し、その上からクリアを吹いて完了。

ブレーキレバー前
黒いレバーは、これまた若干塗装が落ち気味ですが、常時触れているところなので、塗装をしたとしてもキレイな状態を長続きさせるのは難しそうです。

なので、レバーとグラファイト仕上げの部分は、取り敢えずピカールで磨いてみました。

その完了形がこれです。

ブレーキレバー後
レバーも本体も結構キレイになりましたが、元々は微妙に艶消しだったのが、艶有りで色も少し薄くなってしまいました。自分的には悪くはないと思っていますが、オリジナルの印象からは少し離れたかな。

Vブレーキ本体

続いてブレーキ本体に取り掛かります。

ブレーキシューを固定しているボルト関連は、ワッシャの数も多く磨くのが面倒臭いので、新しいのと入れ替えようかとも思ったのですが、せっかくなのでピカールで根気よく磨くことに。

結局、この作業に一番時間を取られましたが、それなりにキレイにはなりました。

Vブレーキ前
グラファイト仕上げの部分と黒塗装の部分は、レバーと同様にピカールで磨いて終了。

金属部分に結構きつめのサビが出ていたので、紙ヤスリ等を使ってサビを落とした後、磨いていくと、全体的にスッキリとキレイになりました。

Vブレーキ後

ブレーキシューは交換する積りでしたが、まだ使えそうなので取り敢えずは現状のままで完了。走ってみてからどうするか決めようと思います。

シューだけを交換できるタイプなので良さげなんですが、Vブレーキ用ブレーキシューの安いのを見つけてしまったので、どうしようかなと思案中。


コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/375-f66a66e3

<< topページへこのページの先頭へ >>