【自転車と遊ぶ】カテゴリ目次 - その他の[3]


◆本の題名◆
TOPEAK のポケットロケット マスターブラスターの空気注入口の口金キャップが、走行中に外れて紛失。

紛失した口金キャップを含む「リビルド キット」をアマゾンで見つけて購入。僅か441円。注文の翌日には手元に届いた。

ついでに、携帯ポンプで空気を入れる時に、セットで使うと超便利な「グランジ ポンプアダプター」を紹介。

◆本の題名◆
自転車用の携帯ツール(TOPEAK ヘキサス2)に付属しているタイヤレバーを、初めて使ってみると、これが使い難い。

自宅では、昔から使っている金属製のタイヤレバーを、何の疑問も持たずに使っていたけど、「待てよ、タイヤレバーによって作業効率って随分変わるかも」って思った次第です。

使い難い原因を考え、それをクリアしていそうなシュワルベのタイヤレバーを買ってみました。

◆本の題名◆
普段、街乗りに使っていたビアンキが沖縄への旅に出てしまい不便なので、ヤフオクでブリジストンのクロスバイクを手に入れました。

オリジナルも悪くないのですが、元のオーナーのアップグレード内容も中々で、結構いいお買い物でした。

ただ、ヤフオクで更にもう一台、心魅かれるクロスバイクを見つけてしまって・・・・・。

◆本の題名◆
ヤフオクでブリジストンの ANCHOR FA900 というクロスバイクを手に入れました。

これまで所有してきた自転車のクランクは、全てコッターレスタイプのものだったので、初のエクスターナルBBタイプです(元のオーナーが、コッターレスタイプから変換したので)。

ということで、クランク周りの整備のために、エクスターナルBB用のボトムブラケットツール等を購入しました。

◆本の題名◆
本格的なスポーツバイクを買ったのは、もう30年も前の話。
クロモリフレームで、FUJI の OLYMPIC という自転車です。

アルミやカーボン製のフレームが全盛の今、過去の遺物になりつつあるのかもしれませんが、細身のフレームは今見ても美しいと思います。

当時の状態から大きく変えたのは、ホイールとタイヤ。チューブラータイヤをクリンチャータイヤに交換しています。

◆本の題名◆
手元の自転車が増えて来ると、それぞれの自転車の “重量” が気になりだし、それはその自転車を構成しているパーツの重量が気になるということです。

これまでは、総重量は気にはなっていましたが、パーツの重量までは関心がありませんでした。

パーツ毎の重量に関心を持ったところで、それぞれのパーツ重量の(自分なりの) “相場” みたいな表を作成。

◆本の題名◆
ヤフオクで手に入れた ANCHOR FA900 を、オリジナルの状態に戻していきます。

元々は、フラットバーハンドルのクロスバイクだったのを、ドロップハンドルに変え、ブレーキ・シフトレバーも STIレバーに変更されていました。

元のパーツも一緒に付けて頂いたので、元の状態に戻してみようかと。

◆本の題名◆
次の項目の通り、自転車で転んだ際、前輪に大きな “振れ” が出てしましました。

少しくらいなら、自転車に着けたまま、ブレーキシューとの当り具合を見ながら調整していくのですが、今回は結構調整のし甲斐がありそうです。

そこで、ワークスタンドを利用して振れ取り台を自作してみました。

◆本の題名◆
久しぶりに自転車で転びました。それも結構派手に。それも何にも無いところで。単に曲がろうとして、なぜかハンドルを取られて転んでしまったのです。

その時、原因は分からなかったのですが、後日、衝撃の事実が発覚します。

何と、ステムを固定している2本のボルトの内、1本は脱落して無くなり、もう1本はユルユルに緩んだ状態で、これまた脱落寸前でした。

◆本の題名◆
GIOS NATURE の変速周りの調子が悪くて。

STI、ディレイラー共に9速のシマノ 105 なんですが、飛び越してしまって入らないギア(リア)があるんです。

なので、STI を操作した時のケーブルの移動量を計測してみたのですが、どうも明らかな不具合は無いような気がします。

それなのに、いざ操作すると9速なのに、7速しか使えていません。



関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/396-95c70aef

<< topページへこのページの先頭へ >>