クロスバイクをレストアして新品の如く? - チェーン編

パーツの取り外しからスタートしたクロスバイクのレストアですが、あとはクランク磨き、チェーンのサビ取り、そしてフレームの清掃と塗装剥がれのリタッチを残すのみです。

今回は、チェーンのサビ(汚れ)取りに挑戦です。

かなり汚いけど、サビよりは油と泥汚れかな?

ネットで調べてみると、チェーンに限りませんがサビ取りに関しては皆さん色んな方法を試していて、その結果を報告してくれるのでとても参考になります。

手を入れる前のチェーンの状態はこんな感じ。よくよく見るとサビというよりも(サビもありそうだけどね)汚れの方が勝っているようです。

サビチェーン

サンポールを探してみたけど

トイレクリーナーさて、色々とある中で参考にさせて頂いたのは、Kinoの自転車日記さん。かなり “いってしまった” チェーンをサンポールを中心にサビ落としをしていきます。

ということで、サンポールを買いに何軒かのホームセンターを回ってみたのですが、見つけることが出来ませんでした。

それではと、ダイソーで売っているらしいフマキラー製の「ネオナイス」(人によっては、サンポールより効き目があるらしいとか)という商品を探しに出掛けてみましたが、これまた見つけることが出来ません。

塩酸系の洗浄剤だよなあ。仕方ないから100均で似ているようなものを探したのですが、どれもいま一つっぽい。

まあ失敗しても100円だしということで、試しに塩素系の除菌トイレクリーナーを買ってきました。

実は、その後にサンポールもネオナイスも見つけたのですが、これを試してみるまでは買うことができず(なんか、ヤバそうな薬品を貯め込みたくなかったので)、ちょっと残念。

除菌トイレクリーナーに浸し、金属ブラシで洗って

取り敢えず試してみようと、特に脱脂も何もせず、いきなり粘性のある除菌トイレクリーナーをチェーンにまんべんなく振りかけてみました。

サンポールのように泡が出て来るような変化もなく、それでも30分くらい置いておくと液が黒く濁って来たので、少なくとも汚れは落としているようです。

チェーンを塩素に浸して
金ブラシで結構丹念にチェーンの裏表、リンク内部まで擦っていきます。かなり大変で根気がいる。

苦労の甲斐あって、少なくとも表面の汚れはかなり落ちてきています。汚れが落ちて、その下のサビが見えて来たようなところもありましたが、それほど悪い結果ではないようです。

ただ、汚れが落ちたのが、この除菌トイレクリーナーのお陰なのか、それとも金ブラシでゴシゴシとやった結果なのかは、今一つ不明ですが。

この後、クルマ用のシャンプーで洗い流して一旦完了。

なんですが、「Kinoの自転車日記」さんは、この後にガソリンにチェーンを浸けてチェーン内の汚れを掻き出すような行程を経ています。

ガソリンは手元にないので、代わりにパーツクリーナーを結構しつこく噴射してみました。すると、結構きれいに洗浄した積りでいたのに、黒い油汚れと共に、固着していたのか泥のような物質も流れ出てきます。

パーツクリーナーで
さらに手を加えていく余地もまだ残されてはいるのですが、まあ、あまり追い込んでも仕方がないので、この辺りで良しとします。

どうでしょうか。結構きれいになっていると思います。

ピカピカチェーン
分かり易いように、ビフォーアフターを横に並べて比較。

チェーンビフォーアフター
まあ結論的には、最初の想像通り油汚れが主体だったようなので、もしかしたらパーツクリーナーだけで丹念に洗っても、同じような結果になったのかもしれません。



コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/401-eb221087

<< topページへこのページの先頭へ >>