自分が決めた目標に対して “迷子” にならないように

今日から2月に入ります。本年が始まって、既に1年の1/12が過ぎ去ってしまいました。さて、どんな一ヶ月だったのかと振り返ってみると・・・・・。

やっぱり、正月気分のまま半月ぐらいがあっという間に過ぎ、まずい、今年の目標をもっと明確に、具体的にしなくちゃって焦っている内に1月も終わり、という感じでしょうか。

昨年、目標達成出来なかった大きな要因は

キチンと目標設定できたのは、「体を動かす」分野だけかな。

サイクリングロード
「体を動かす」のは、「歩く」「ランニング」「自転車」「スイミング」の4つの種目からなります。そして今年は、歩く、ランニング、自転車の3種目の合計で 6,000km を目標としました。

2010年、2011年と 6,000km を超えていたのが、昨年は 5,880km と 6,000km に届きませんでした。大きな環境の変化があったのも事実ですが、やっぱり途中から目標が曖昧になってしまったのが、その原因だと思います。

トータルとしての目標は、6,000km という数字で厳として存在していたので、それ自体が曖昧になったということではなく、“毎日の記録” から心が離れていたということです。

最終目標地点が明確になったら、それに対して “今” 自分はどこにいるのかが

トータルで 6,000km とした時、これをどうやって一年で達成していくかを考えますよね。今年の例で言えば、ランニングで 1,800km 、自転車で 4,200km として、「歩く」はプラスαとしようと目標設定します。

これをさらに細かくしていくと、毎月ランニングで 150km 、自転車で 350km 走っていけばいいわけです。月間 500km ですが、これを30日で割ると、毎日 16.5km となります。

私の場合、エクセルで “記録集” の表を作り、他の項目も含めて記録を残しているのですが、その日の記録を記入すると、月間目標の 500km に対して、その時点で先に行っているのか、遅れを取っているのかが自動計算で出るようになっています。

毎日の記録
単に、その日の数値が 16.5km より大きければプラスし、小さければマイナスしているだけです。上の表の一番下段は、[ 16.5×日数-その日までの積算距離 ]となっています。

これが、“毎日の記録” です。昨年の後半は、日記の隅にその日の記録をちょこっと書いておいて、それを一ヶ月に一回くらい “記録集” に転載するみたいなやり方になっていました。

このやり方だと、目標に対して自分が今、どれくらいの地点にいるのかが分からないんです。そうなるとやっぱり、目標を達成しようという意欲が減退しますよね。

今年はその点を反省し、「毎日毎日記録していくことが、目標を達成するために必要不可欠な要因なんだ」という原点に立ち返ってやり直そうと。

毎日の記録が、毎日のモチベーションの要なんです

だって、自分がどこにいるのか分からないってことは、迷子になってるってことです。目標に対して迷子になってしまったら、目標地点に辿りつくのはとても難しくなります。

だから、“今” 自分はどこにいるのかを常に把握しておく必要があるんです。

実際、この一ヶ月間でこの感覚を思い出しました。毎日記録をつけていくと、先へ先へと行きたくなるんです。一歩でも、その月の目標に近づきたくなるんです。

近所のお店に歩いて買い物に行ってきた。往復で 1.5km 歩いた。これが本当に小さな一歩でも、一歩近づけたということ自体が快感になるんです。

1月は結局、ランニングで201km、自転車で 370km に歩きの距離を加えて 617km となりました。残りの日数が少なくなると、当然目標地点までの距離が身近になってきます。

走れそうな機会があと何日あって、だったら少し頑張れば 200km の大台に乗るなって見えて来ると、余計に燃えて来るんですよね。合計距離も、最終日に自転車で○○km 走れば 600km を超えるってなると、寒くて風が強いのに、走りにいってしまうんです。

これが目標設定の “強さ” でしょう。自分が今どこにいるのかが分かることの強みなんです。

久しぶりに、この感覚を取り戻しました。他の分野の目標も、早いとこ同じようか感覚を持てるように具体的に設定し、毎日毎日その目標に近づいていくようにしないと。


コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/427-ab38a769

<< topページへこのページの先頭へ >>