夕焼けの赤とホワイトバランスとの深ーい関係

写真を撮るときに知っておいた方が楽しくなる「基本中の基本」に関しては、前回までで大体カバーできたでしょうか。

今回はまとめを書こうかと思いましたが、もう一つ、私の理解が足りていないことがありました。

それは、ホワイトバランスのことです。

このホワイトバランス、なんとなくは知っていながらも、なんのために設定する必要があるのか、本質は全然理解していませんでした。

すべての光は、その光源固有の「色」を物体に照射しています

電球の前面にカラーフィルムがあって、その色を変えることで青色、赤色、黄色と言った「色のついた光」を投光するスポットライトは、みなさんご存知ですよね。

青色のスポットライトを当てると、白い壁は青く見えますし、赤色だったら赤く見えます。当然ですよね。

これほど極端ではないのですが、「光」はそれぞれ光源によって様々な「色」を持っているのです。例えばろうそくの光はオレンジっぽいし、ガスコンロの火は青白いですよね。

この光の色を数値で表現する尺度のことを色温度といって、単位はK(ケルビン)が使われます。

この色温度に関して、私たちの日常生活の中で一番馴染みの深いのは蛍光灯ではないでしょうか。

よく、蛍光灯のパッケージに「昼光色」「昼白色」「電求色」といった表記がありますよね。あれは、この色温度のことを3つの言葉に置き換えて表現しているものなのです。

それぞれの表記の色温度は、メーカーによっても微妙に異なるようですが、概ね、
  • 昼光色:6700K
  • 昼白色:5000K
  • 電球色:2800K
辺りに設定されているようです。

見て分かる通り、色温度が高くなると青白く寒色系の色になり、低くなると赤みを帯びて暖色系の色に近づいていきます。

ということは、蛍光灯もタイプによって違う色の光を、私たちが見ている物体に照射しているということなんです。

私たちが見ている「色」は脳が作り出したもの?

確かに昼光色の蛍光灯と電球色の蛍光灯では、部屋の雰囲気は変わりますよね。でも、そこに置いてあるティッシュペーパーの色は、私たちにとっていつでも「白く」見えます。

これは、目から入ってきた色を脳が補正して(ごまかして?)、ティッシュペーパーの色として私たちが「知っている」白として認識しているからなのです。

便利(?)な機能ですが、昔のカメラはこの機能を備えていなかった(あるいは発展途上にあった)ので、ティッシュペーパーに照射された色をそのまま反映して、写真として記録していました。

すると、その写真の色は、私たちの脳が補完した後の色(のイメージ)と違うので、「あれー、ちがうなあ」ということになるわけなのです。

ここで出てくるのが、ホワイトバランスの調整というものなのです。具体的に何をするのかというと、カメラに事前に撮影環境の光源の色を教えて(設定して)おいてあげるのです。

「昼光色の下で写真を撮るよ」とか、「電求色だよ」って。

当然、蛍光灯以外の光源にも色温度はあって、
  • 朝日や夕日        :2000K
  • 晴れた日の太陽光:5000~6000K
  • 曇天          :7000K
  • 晴れた日の日陰  :8000K
ただ、最近のカメラは本当に優秀で、どんどん人間の目に近づいているので、基本的にはカメラにお任せしておけばOK。

私たちの脳が補正しているのと同じような補正をカメラ内部でしてくれるので、ホワイトバランスのことを気にかけなくても、自分のイメージとかけ離れた写真になることはそうそうないでしょう。

ホワイトバランスの設定を上手に使って真っ赤な夕焼けを撮ろう

上で書いた通り「AUTO」でも基本OKなんですが、それでも「万能」ではないので、撮影シーンにあわせてより自然な色合いにするために、最近のカメラはいくつかの「プリセット設定」の機能を備えています。

上で説明したような光源に対してのプリセットで、「太陽光」「くもり」「電球」「蛍光灯」などの設定が用意されています。

撮影環境に合わせてプリセットを選んでいけばいいのですが、でも「夕焼け」はどうすればいいのでしょう?

私もよく失敗するのですが、「せっかく真っ赤な夕焼けを撮影したのに、なんか白っぽい」ということはありませんか。

これは、ホワイトバランスの設定が間違っていたということなのです。夕焼けの赤っぽさはホワイトバランスの設定に大きな影響を受けます。

夕焼けを撮るとき、ホワイトバランスを「AUTO」や「太陽光」にあわせてしまうと、夕焼けの赤っぽさは軽減してしまいます。

このような時は、ホワイトバランスを「くもり」などにして撮影することで、真っ赤なきれいな夕焼けを撮影することができるようになります。

ついでに補足しておくと、夕焼けを夕焼けらしいく撮るもう一つの秘訣は、露出にあります。

「AUOT」で撮影すると、かなり明るめの写真になってしまう場合があるので、そんなときは露出補正をアンダー方向(マイナス側)に調整してやると、赤が強調された引き締まった写真を撮ることができるでしょう(多分)。



関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/44-5a6511e3

<< topページへこのページの先頭へ >>