ドロップハンドルに換えたら、信じられないくらい乗り易くなった!

前回、フラットバーハンドルの乗り難さを散々と指摘しましたので、今回はその流れで、クロスバイクをドロップハンドルへと改造していきます。

FA900 のフラットバーをドロップハンドルに変換するのは、ここでやったのと同じ工程を辿るだけなので、とても簡単です。

フラットバーハンドルをステムごと外す

ブレーキワイヤとシフトワイヤを、それぞれブレーキとディレイラーから外し、ステムキャップを固定しているボルトを外します。

ステムキャップを外す

続いて、ステムを固定しているボルトを上下2本外すと、これでハンドルごとステムがフォークコラムから抜けます。

ステムボルトを外す
ここで、自作ワークスタンドの欠点(でもないか)に気が付きました。前輪が宙に浮いている状態なので、ステムを抜いてしまうと、フォークが抜け落ちてしまいます。

市販のワークスタンドでも同じ問題が発生すると思うんだけど、みんなどうやって作業してるんだろ。

外したフラットバーハンドル。ブレーキワイヤとシフトワイヤを使い回そうとすると、作業は大幅に大変になりますが、この形での交換だと本当に楽です。

フラットバーハンドル

後は、逆の工程を辿って、ドロップハンドルを取り付け、ブレーキワイヤとシフトワイヤを固定すれば、作業完了です。

乗り心地は、こんなに変わるのってくらい劇的に変わった

ハンドルは自転車の顔みたいなもんですから、フラットバーからドロップに換えると、自転車の印象もガラッと変わります。

FA900ドロップ

乗り心地の方はどうかというと、こっちは見た目の印象以上に変わりました。どうしてこんなに変わるんだろってくらい、本当に劇的に走り易くなったんです。

乗ってみた三男の印象も、自転車が勝手にスイスイと前に進むような感覚で、もの凄く乗り易くなったと言っているので、錯覚でも何でもなく、事実として乗り易い自転車に変身したってことです。

いやー、不思議。ポジションも変わるので、その辺りにも理由があるのかもしれませんが、それだけではないように思います。

入門用の ST-3400 ですが、どうしてどうして中々のもんです

STIソラもう一つ気付いたのは、STI レバーの操作感が素晴らしくイケテルってこと。

型番は、シマノ ST-3400。言ってみれば入門用のパーツですが、私の GIOS の古い 105系の ST-5500 よりも全然軽快に作動してくれます。

実際にこうやって体感してみると、グレードの高い古いパーツよりも、グレードが低くても新しい(というか、進化している)パーツの方が優れているんだってつくづく思いますね。

実際に計測しているわけではないので感覚的な話になってしまいますが、変速のためのレバーの作動範囲も、そのための力も ST-5500 の 2/3 くらいに感じます。

軽いということは、操作のスピードも速くなるので、ちょっと大げさに言えば ST-5500 では「ヨイショッ」ってやっていたのが、ST-3400 では「スッ」って感じなんです。

もう一つ、ロー側への変速は “親指シフト” なんですが、これも操作し易くて Good !。

ティアグラから上のグレードでは 2本レバーです。これだとドロップハンドルの下ハンを持っている時でも、そのまま変速が出来るというメリットがありますけどね。

なんとなく “入門用” ということでバカにしていましたが、見栄さえ張らなければ SORA でも機能的には十分ではないでしょうか。

ロード用 STI レバーと Vブレーキとの組み合わせは?

フラットバーハンドルからドロップハンドルに改造するに際して、もう一点ありました。

ブレーキクリアランスよく目にしますが、ロード用の STI レバーでは、クロスバイクの Vブレーキを作動させるにはストロークが足りないという点。

実際には、ブレーキシューとリムとの隙間の “詰め” の問題なのでしょう。

右は、いつも通り(私の感覚で)ブレーキシューとリムとの隙間を調整した後に、ブレーキレバーをギュッと握った状態です。

走っていれば、タイヤがロックしている状態です。

ご覧の通りレバーの作動範囲は、まだ 15mm くらいの余裕があります。これで、ブレーキシューとリムとの隙間は、1mm~2mm といったところです。

個人的には、いつもこれくらいの調整をしているので、ロード用の STI レバーと Vブレーキとの組み合わせだから無理しているという感覚は全然ありません。

とは言いながらも、このあたりは個人の好みの問題なので、何とも言えないかもしれませんが。



コメント:
 どうも初めまして。
よくロード用STIでVブレーキを引くと、「グニャッ」っという
感触があるとかあまりいいことは見かけませんが、ちゃんと調
整したならば、そんなこともないってことでしょうか?

こちらはミニ(ショートアーム)Vブレーキじゃないですよね

調整に何かコツはありますか?
[2016/03/25 09:31] | とも #mQop/nM. | [edit]
ともさん、初めまして。

私の場合、これまで3台ほどロード用STIでVブレーキ(レギュラーアーム)の自転車に乗り継いできましたが、いままで「グニャッ」って感触を感じたことはありません(ただ、これって飽くまで個人的感想なのでなんとも言えませんが)。

ロード用STIとVブレーキの組合せって、ストロークが足りないって話を聞きますが、それってブレーキアーム(握りの方)を離した時に、ブレーキシューとリムとが十分な間隔を確保したい(そのままタイヤ交換が出来るように)からじゃないのかなって思います(これまた、個人的な想像)。

それを犠牲にすれば、ブレーキシューとリムとの隙間を2mm前後に調整可能(リムが振れていなければね)なので、そうするとブレーキレバーを握った次の瞬間、キュッてブレーキが効きだすので、「グニャッ」って感触を感じてる暇が無い?

“感覚”の話を言葉で説明するのは難しいですね。
[2016/03/26 00:17] | taka14 #- | [edit]
自分もドロップハンドルにしたいと思うのですが、、、(ど素人です。)
結果としての状態はブログにあった様な形にしたいのですが、ブレーキとドロップハンドルは別々で買ってくっつけるのですか?それとも元から完成しているのが売っていてそれごと変えれば良いのでしょうか?
また、ギアは一つしかなく、8段です。その場合など影響はありますか?(ドロップハンドルにするときにフロントギア?を増やすつもりです)
日本語が下手な上に質問だらけですみません。お願い致します。
[2016/07/01 19:00] | トゲピー #- | [edit]
トゲピーさん、質問ありがとうございます。

シンプルにお答えすると、ブレーキ(レバー)とドロップハンドルは別々に買って自分で組み上げる必要があると思います(ショップにお願いすることも可能ですが)。

フロントギアの枚数は問題ありません。その枚数に合わせたブレーキレバーを購入すればいいので。逆に言えば、フロントもリアも、そのギア枚数に合ったブレーキレバー(システム)を買う必要があります。

ただ、上の話はSTIレバーを想定してのことなので、ブレーキレバーは純粋にブレーキレバーとして機能し、ギアチェンジは他の手段を使うのであれば、この限りではありません。

(ど素人です。) って書かれていますが、本当にそうなのであれば、極端な話(本当に極端かもしれませんが)ドロップハンドルの自転車を買ってしまった方が安上がりになるって可能性もあります。

もちろん、今乗っている自転車に愛着があるとか、自分の自転車を自分で改造していくのが楽しいといったようなことであれば、地道に必要なパーツを揃えていくのを否定するものではありません。むしろ、オススメしたいくらいですけど。
[2016/07/05 12:16] | taka14 #- | [edit]
なるほどです、、
ドロップにしたら元からあったギアはドロップにそのままつけて、もしさらにフロントギアをつけるならギアを変えるパーツと一緒にさらに加えてやればいいってことですか!!!?

今の自転車には愛着があり変えるつもりはないのでなんとかやってみます!

最後になんですが!
今更ながらフロントギアはペダルの横になるギアですよね?(人によるが、左ハンドルについているギアを変えるところと連動してるやつ)そうだとしたら、2か3段で安くてオススメのパーツとかありますか?自分で調べてはいるのですが決めかねています、、、
質問ばかりですみません、、、
[2016/07/06 01:55] | トゲピー #- | [edit]
トゲピーさん

そうですか、愛着のある自転車なんですね。それは自分で大切に手を加えながら長く乗るべきですね。私のクロモリのロードレーサーは、購入から30年以上立ちますが、いまだに息子が毎日乗っています。

さて、「フロントギアはペダルの横になるギア」で間違いありません。

私の説明が足りなかったかもしれませんが、フロントギアの枚数を1枚から、2枚、あるいは3枚にするということは、今あるギアにギアを加えていくことは(多分)出来ません。

基本的にはクランクと一体のものなので、フロントギアを変えるということは(左右の)クランク(ペダルの付いている棒状のもの)ごと変える必要があります。

更に、クランクを変えるということは、場合によってはBB(ボトムブラケット)も交換する必要があります。このクランクとBBの交換には、それぞれ専用の工具が必要です。

トゲピーさんがどんな自転車に乗っているのかが分からないので、あまり突っ込んだ話はできませんが、フロントギアを交換するというのは、思っている以上に高いハードルかもしれません。

場合によっては、少しずつ地道に自転車の構造を学びながら、自分の自転車に合ったパーツや、それを取り付けるための工具を揃えていくのがイイのかもしれませんね。

パーツに関しては、これがオススメとは一概に言えませんが、例えば中古パーツで自分の求める条件に合ったものを探すというのも、一つの手でと思います(例えば、「サイクリー」とか)。

今の時代、様々な情報がネット上で探すことができ、独学でもある程度のことはできるので、色々と学びながら挑戦していくのも楽しいと思います。
[2016/07/07 02:49] | taka14 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/472-bb65c469

<< topページへこのページの先頭へ >>