iPhone 用データベースアプリ MyDataPot の使い方

そもそも、iPhone 用の折りたたみ式 Bluetooth キーボード を買った理由は、iPhone でデータベースを作ろう画策していて、そのデータ入力が大量にありそうだからでした。

で、肝心のデータベースアプリですが、検索で一番最初に引っかかるのは、FileMaker 社が開発した Bento というアプリです。

さすがに FileMaker 社の製品だけあって、非常に多機能で、様々な要望に応えてくれそうなアプリなんですが、有料なんですよね。

まあ、450円なので痛手になるほどの金額ではありませんが、FileMaker 自体も使ったことが無いし、果たして使いこなせるのかという不安もあり、出来れば無料のデータベースアプリで試してみたいなって思いまして。

MyDataPot で、お試しデータベース「友人帳」を制作

mydatapot見つけたのは、MyDataPot というアプリです。データベースを2つまでは無料で使えるので、試してみるのにはピッタリです。

早速ダウンロードして、使い始めてみたのですが、これが思ってた以上に機能が豊富で、使い方がチンプンカンプンです。

ネット上を検索してみたのですが、それほど多くの情報がないので、どうも分かりません。仕方が無いので、一つずつ自分で試しながら、その使い方を明らかにしていきます。

データベース先ずは、アプリを開いた最初の画面。

「Cocktail Book」は、最初からサンプルとして入っているデータベースです。

削除してしまっても OK なんですが、先に書いた通り、データベース2つまでは無料なので、「Cocktail Book」の解析をしながら、新たなデータベースを構築することに。

その下にある「友人帳」というのが、今回試しに制作してみたデータベースです。

左下の「+」ボタンは、新たなデータベースを追加するためのものですが、3つ以上のデータベースの制作には、350円の課金が必要です。

真ん中のレーダーみたいなボタンは、このアプリの愛用者が制作したデータベースを検索閲覧するためのボタンです。

気に入ったのがあればダウンロードすることが可能ですが、ダウンロードしようとするデータベースが、あなたのアプリの3つ目のデータベースとなる場合は、上記と同じように350円の課金が必要となります。

データベースの構成は、リスト画面と詳細画面の2つ

02mydatapotデータベースを開くと、「友人帳」のリスト画面が現れます。

顔写真と、名前と、出会った日を表示していますが、このリストに何を、どんな配置で、どれくらいの大きさでといったことを、全て自分で設定することが可能です。

左下の「工具」ボタンを押すことで、表示項目や、背景色、背景画像といった各種設定画面へと移るのですが、その内容に関しては後述します。

右上の「+」ボタンで、リスト項目を追加していきます。

下段の「雲」ボタンは、自分の制作したデータベースを公開するためのものです。

(今回制作した「友人帳」も公開してますので、必要でしたらダウンロードして参考にしてみて下さい)

03mydatapotリスト画面の項目にタッチすると、詳細画面へと移ります。

詳細画面もリスト画面と同じく、何の項目を、どんな配置で、背景色は何色でといったことが詳細に(本当に詳細に)設定可能です。

右上の「編集」で、データベースの各項目の中身を書き込んでいきます。

詳細画面は、5ページまで制作可能。





04mydatapot詳細画面の「編集」を押して現れる画面です。

ここに書き込まれるものが、データベースの中身となる「データそのもの」です。

ここに書き込んだ内容が、リスト画面でも詳細画面でも表示される内容となります。

また、ここに現れる項目は、上で触れたリスト画面左下の「工具」ボタンを押すことで移動する、各種の設定画面の中で設定したものが反映されています。

その設定画面が、次の画像です。


データベースの全ての構成を設定するところ

各種設定ページリスト画面左下の「工具」ボタンを押すと、ここに移動。
(新規データベースを作成するときにも現れますが)

【基本情報】
タイトルとタイトル画像は、そのままアプリを開いたところに表示される、データベースの “扉” に表示されます。

ただ、「作成者」の項目を入力するところは、どこにもないんですけど、どこから引っ張って来てるんでしょうか?




【リスト情報】
リスト画面の設定項目です。

上の実際のリスト画面と照らし合わせて貰うと分かり易いと思いますが、背景画像はなく、単一の背景色の上に、赤い区切り線を置いています。



【詳細情報】
詳細画面の設定項目です。

これまた、上の詳細画面と見比べて下さい。

背景に、空と雲の画像を使い、背景色は無色にしています(背景画像に隠れしまうので、背景色がどうすれば出て来るのか不明)。

詳細画面のページ数は、2ページと設定しています。

【項目とソート】
ここで設定した項目が、そのままデータベースの項目となります。

この中から、リスト画面、詳細画面に表示する項目を、下の【レイアウト」で選択します。

各々の項目は、「テキスト」「数値」「選択項目」「画像」「日付」「時刻」といった種別で選択することができます。



【レイアウト】
ここで、リスト画面と詳細画面に表示する項目のレイアウトを設定するのですが、これはこれで設定項目が複雑なので、次回に続きます。



コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/474-d6f5c51e

<< topページへこのページの先頭へ >>