ブルホーンバーにロード用 STIレバーを取り付ける

前回までで、ブルホーンバーにロード用 STIレバーを取り付ける準備は整いました。

今回はいよいよ組み付けていきます。

アウターワイヤーとガイドパイプをブルホーンバーにセッティング

ブルホーンバーに開けた穴を使ってブレーキアウターワイヤーを通し、その先端に前回加工したフレキシブルガイドパイプを嵌めます。

ガイドパイプをブルホーンの中に引き込んで、STIレバーの差し込み口との距離を合わせたのが写真右の状態です。

ガイドパイプセット
両側のブレーキアウターワイヤーを差し込むとこんな感じに。

ブレーキワイヤーを差し込んで

アウターワイヤーの長さを決め、ビニールテープで固定

アウターワイヤーの長さを決め、出口穴部分をビニールテープで固定します(後で発覚するのですが、ここに罠が潜んでいました)。

ビニルテープで
ガイドパイプと STIレバーの差し込み口を合わせながら、レバーを固定します。取り付けた状態で、ハンドルバーの内側を見ると、こんな感じでガイドパイプが通っています。

STIを取付

インナーワイヤーを通そうとしたら・・・

さて、インナーワイヤーを通そうとしたら、ブレーキレバーを握っても開口部が少なく、インナーワイヤーを通す差し込み口が見えません(写真左)。

仕方が無いので、もう一度 STIレバーを取り外し、インナーワイヤーを通してから再度 STIレバーを固定することに。

ブレーキワイヤーを通す
ところが、ここで再び問題発生。インナーワイヤーを差し込んでいくのですが、途中で止まってしまい、どう押し込んでも入っていきません。

アウター出口どうやら、ブルホーンからの出口穴部分でのアウターの曲げが抵抗になっているようです。

といって、ビニールテープでの固定を緩めるのも本意ではありません。

うーむ、困った。取り敢えず、ビニールテープを外し、インナーワイヤーを通します。

シフトワイヤーを取り付けて一旦完了

続いてシフトワイヤーの取り付け。こちらは特に何の問題も無く、スンナリと終わりました。まだ取り敢えずの状態ですが、ブルホーンバー周りのワイヤーの取り回しは、こんな感じになりました。

シフトワイヤーも付けて
この状態で、特にブレーキレバーの引きが重いという感じもしませんが、せっかく STIレバー周りでのワイヤーの通り道に工夫を凝らしたのに、別のところで大きな抵抗が発生しているってのは、なんか納得がいきません。

もう一工夫してみようかな。



コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/485-39620d17

<< topページへこのページの先頭へ >>