クロスバイクにSPD ペダル(シマノ PD-A520)を付ける

少しずつ進めてきたクロスバイク センチュリオン CROSS SPEED 2000 のレストアですが、前回でブルホーンバー周りの組み付けも終わり、作業はいよいよ終盤です。

今回は SPDペダルを付けていきます。

この日のために Chain Reaction Cycles にて購入してあったシマノ PD-A520 です。買った時は円高ということもあり 2800円程度で購入できました。

SPDペダル箱

箱から出してみるとペダルと共にクリートも付属しています。このクリートはシングルモードクリート(SM-SH51)です。

私は “最弱” に設定しています

シングルモードとは、「かかとを外側にひねった場合のみ解除できる」クリートです。

マルチモードクリート(SM-SH56)という別売部品(ペダルの種類によっては、こちらのクリートが付属している場合もあります)もあり、こちらは「多方向に解除が可能」で、ひねる方向が外側だけでなく上方向でも解除が出来るクリートです。

PD-A520
SPDシューズに装着されたクリートは、バネ(上の写真の下の赤丸)の力によってペダルに固着されるのですが、そのバネの強さはアジャストボルト(上の写真の上の赤丸)によって調整可能です。

私はシングルモードクリートとマルチモードクリートを付けた2足のシューズを持っていますが、どちらのシューズを履く場合も、ペダルのバネの強さは “最弱” にセットしてあります。

特にマルチモードの方は上方向でも外れるので、引き足で漕いでいる時に予期せず外れる可能性があります。ただ、私の場合はそんなにしゃかりきに漕ぐわけではないので、これまで予期せずに外れてしまったという経験はありません。

“最弱” だと上記のようなリスクがある代わりに、バランスを崩した時、とっさに外れて足で着地できる “場合も” あります(私は、じっさい何度かこれで助けられています)。

さて、取り付けですが、右ペダルは右ネジ(正ネジ)、左ペダルは左ネジ(逆ネジ)になってます。ペダルの根元に(親切にも)締め込んでいく方向が矢印で刻印されているので、間違えることはないでしょう。

15mm のスパナって、普通の工具としては一般的ではないんですよね

使用するのは 15mm のスパナです。この 15mm というのが曲者。ごく一般的なスパナのサイズは、M8 用の 13mm の次は、M12 用の 17mm になります。

14mm というサイズも、それほど特殊ではありませんが、15mm のスパナは見つけるのが大変(勿論、自転車用の専門工具としてならいくらでもありますけどね)。

ところが、これがダイソーで見つけたんです。1本105円。嬉しくて2本買ってしまいました。

一つ残念なのは、専用工具ではないので厚みの関係で使えないペダルがあることです。今回の PD-A520 もその一つです。

スパナ入らず

でも大丈夫。スパナを差し込む部分にフランジがあり、それがスパナの邪魔をしているので、スパナの角の部分を 1mm 程度、面取り(削り落とす)をしてあげれば、今度はスンナリと入っていきます。

スパナを削って

両側のペダルを締め込んで、取り付け完了です。

ペダル付けて

次回は、ハンドルバーテープなどを巻いたりといった仕上げ作業です。


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/489-c82d0d56

<< topページへこのページの先頭へ >>