入学式にはやっぱり桜が似合う

今年も4月に入りました。学生や社会人は新しい年度の始まりです。新入生も新入社員も、今日が新しいステージの第一日目。天気も快晴、皆さんを祝福しているようです。

我が家の次男も今日が大学の入学式です。一浪して本人的には不満が残る結果だったようですが、とにもかくにも入学おめでとう。

快晴の中、岸根公園の桜も祝福ムード?

二男に付き添って大学の入学式に出席するため、久しぶりにスーツで外出。会場の東京国際フォーラムに向かうために岸根公園を通りかかると満開の桜。どうやらこの日まで持ちこたえてくれました。

0401入学式01

まだ朝も早いので人影はありませんが、ここは花見には絶好の場所です。今日もお昼頃には花見の人々で溢れ返ることでしょう。

0401入学式02

赤い花びらの桜(多分)も、青空に鮮やかに咲き誇っています。

0401入学式03

これから春に向かいますよって雰囲気を感じさせてくれる公園入り口。

0401入学式04

東京国際フォーラム、そして四谷キャンパス

会場の東京国際フォーラムに到着。父兄は二階席に着席。大分早めに到着したのに、席次的には結構後ろの方でした。結局、会場に入りきらず、別の中継会場にて出席していた父兄の方々も多かったようです(最初から「想定済み」ってことですね)。

0401入学式05

入学式が終わって、次の会場の四谷キャンパスに向かって、会場を後にする大勢の人たち。

0401入学式006

四谷キャンパスの正門に到着。当然のことながら、こちらも人でごった返しています。

0401入学式007

四谷駅から続くソフィア通りを新入生と父兄の方々が続々とやってきます。

0401入学式008
因みに、校歌の中にも出て来る「ソフィア」という言葉ですが、これはリスト教用語で「神の知恵」のことで、言ってみれば「ソフィア = 上智」ということになるようです。

キャンパスのすぐ横に桜の名所があったとは

ソフィア通りを隔てた向かい側は小高い丘(?)になっていて、四谷駅前から約400mくらいに渡って桜並木が続いています。

0401入学式012

この桜並木の丘の下がテニスコートや野球場のグラウンドになっていて、さらにその向こうには赤坂御用地が広がっています。

0401入学式009

桜の花びらもだいぶ散ってしまいましたが。

0401入学式010

キャンパスだけ見学し、わたしは一足先に四谷駅から帰路につきます。

0401入学式011

前日の寒い曇り空と翌日の雨の一日の間を縫って快晴の一日でした。楽しい大学生活であることを約束してくれてる?


コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/492-b8ad6be4

<< topページへこのページの先頭へ >>