うーん、これっていわゆる “箱物” ? 横須賀リサイクルプラザ

二男に誘われて、横須賀方面に久しぶりの自転車ロングライド。

春のうららかな陽光を楽しみながらのツーリング予定だったのですが、とにかく風が強い。車道を走りながら横風に振られて何度ヒヤッとしたことか。

八景島の先で “お城” に出会った!?

強烈な向かい風の中、約2時間かけて八景島に到着。海も風で波立っています。

八景島

八景島から海の公園横を通り、野島公園近くの漁港(って、言っていいのかな?)。思ったより海の水がキレイに透き通っています。

野島橋

野島公園脇から横須賀に向かって走っていたら、横須賀港に出てしまいました。そこにあったのがこの城のような建物。もの凄く立派です。

施設の名称は、リサイクルプラザ アイクル。名前の通り各種ゴミのリサイクル施設で、紙や缶、ビン、プラスチックなど合計220トン/日の処理能力があるとのこと。

リサイクルセンター
まあ、機能としては絶対に必要なものですし、その能力も素晴らしいものなのかもしれませんが、でも、この “外観”って必要なものなのかな?

建物の手前側1/5くらいがプラザになっていて、自由に見学等もできるようになっているんですが、やる気は全く感じられませんでした(日曜日だから?)。

下の写真の左上は1階エントランスホールのリサイクル家具(?)の展示スペース。えっと、これだけですか?

残りの3枚は2階の多目的スペース。だだっ広いスペースの隅っこにあるのが「資料コーナー」(左下)とビデオコーナー(右下)です。うーん、誰かが活用しているとはとても思えません。

リサイクル展示室

気を取り直して国道16号に戻り、横須賀に向かいます。

我が青春時代の一コマを彩った横須賀中央

ヴェルニー公園にて。

横須賀軍艦

久しぶりにどぶ板通りを歩きましたが、昔の活気はなくなってしまいましたね。シャッターを下ろした店も多く、昔を知っている身としては寂しく感じます。

どぶ板1

店舗の2階に鉄人28号が。

どぶ板2

横須賀中央駅から続くメインストリートを歩きます。途中からアーケードの中に入りましたが、ここにもシャッターを下ろした店があちこちに。

昔は、“都会” に行く感覚で横須賀中央に遊びにきていましたが、今はみんな横浜辺りまで出て行ってしまうんでしょうかねえ。

アーケードの中央辺りに山上の豊川稲荷へと抜ける脇道があります。子供の頃、何度もこのアーケードを歩いたけど、まったく知りませんでした。

だいぶ前に見た「ちい散歩」で、地井さんが訪れたのを見て、いつか行ってみたいと思ってました。

豊川稲荷入口

山の上へと石段が続いています。下に自転車を置いておくのもちょっと気になったので、上に通りがあるのか分かりませんが、2人で自転車を担いで階段を上っていきます。

豊川稲荷石段1

かなり上がってきました。

豊川稲荷石段上から

山の上は緑の多い住宅地になっていて、草花があちこちに。

花1

花2

横須賀の街なみの向こうに横須賀港が広がっています。

横須賀湾

山道(自転車は走れるけど、クルマは走れない)を辿っていくと、横須賀中央駅の坂上へと出ました。坂の途中に平坂書房という本屋があって、昔は頻繁に訪れていたのですが、今は横須賀中央駅の MORE'S の中に入ってしまったようです。

横須賀中央

駅の近くで昼食を食べることに。駅から1分の場所でもシャッターを下ろしたお店がチラホラと。

中央商店街

観音崎まで足を伸ばす積りでしたが、強い向かい風に疲れてしまい、予定を変更し、衣笠から葉山、逗子、鎌倉を回って帰路に着くことに。

衣笠 ~ 葉山 ~ 逗子 ~ 鎌倉 ~ 大船 ~

衣笠駅に到着。うーん、昔のまんま? なぜか安心感を感じました。

衣笠駅

葉山に向かう途中の道路脇に。

銅像

途中から追い風になり、自転車のスピードも乗り、あっさりと逗子を通り越して鎌倉の鶴岡八幡宮に到着。参道の入り口。

八幡宮参道

日曜日なので人が多いのは分かりますが、もしかしたらお祭りか何かがあったのかな。

鎌倉八幡宮

鶴岡八幡宮の横を通って大船へと向かいます。途中にあったのが北鎌倉駅。駅前って何もないんですね。

北鎌倉駅
この駅から先の行程では、さだまさしの「縁切寺」が頭の中で繰り返し繰り返し流れていました。 「源氏山から北鎌倉へ あの日と同じ道程で たどりついたのは 縁切寺~」 って部分だけですけどね。

朝8時発、夕方4時帰着。総行程90キロのツーリングでした。


より大きな地図で 20120414横須賀鎌倉 を表示



コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/505-0ba78850

<< topページへこのページの先頭へ >>