【良き人生か?】カテゴリ目次 - Page 03

3月31日 古い日々に別れを告げ、新しい明日へと

Night-007
聖路加病院名誉院長の日野原さんの、「命とは、みんなが持っている時間のこと」という言葉に触れて、自分を振り返ってみると。

長年続いた今の会社人生に対して、「私は命のムダ使いをしていないか?」という質問に、「そんなことはない」とは正面向かって言えなかった自分がいました。
3年後、5年後、そして10年後はどんな人生を歩んでいるのかな

Night-008
いい大学に入ったら、いい会社に入れて一生安泰なんてのは幻想になってしまった今の日本。そもそも“いい会社”って何? 

昔で言えば、大きな会社に入れれば、つぶれることはないから一生安心、というのもいまや神話に過ぎないでしょう。今日栄えていた会社が明日つぶれる、なんていうのは日常茶飯事だしね。
ロバート・キヨサキ氏のセミナーに参加してきました

Night-009
「経済的に独立していないということは、気づいているかどうかに関わらず、誰かの奴隷である」

彼の言うことに首を傾げる部分もないわけでなないですが、この言葉に真実があるのも事実です。

中流の人たちは、資産ではなく負債を買うために生涯を費やしている、という指摘にも残念ながら納得します。
目標達成に向けて行動を“起こさない”自分と向き合って

Night-001
人生の目的へと繋がっているような目標は、あなたが安全領域の外側に出ない限り達成できないようなものではないですか。

でも、安全領域の外側で真っ先に出会うのは、「恐れ」「不安」「恥ずかしい」といった負の感情に違いないんです。それを知ってなお、外に踏み出していく勇気や理由をどこから見つけてきましょうか。
自分がどんな「連想体系」を持っているか気がついていますか?

Night-002
ほとんどの人が夢を実現できない理由は、「痛み(恐れや不安)を避けたい」という動機に、「快楽(夢)を得たい」という動機が負けるからです。

なぜ負けるかと言えば、「不安」や「恐れ」といった「痛み」の方が、「夢」よりもリアルに、身近に、そして力強くあなたに迫るからです。
「行動」を起こすことで、何かを失うと恐れている?

Night-003
・1年後、5年後に何が欲しい? どんな自分になっていたい?
・そのためには、どんな目標を達成する必要がありそう?
・もし、「欲しい人生」を達成できなかったとしたら、どうなる?
・目標を達成するために、どんな行動をすることが必要かな?
・目標達成に必要な行動で、大きなチャレンジと思われる物は何?
・その「行動」が実行できたとしたら、どういう人生になれそう?
松本守正さんのワークショップに参加して

Night-004
「自分はマイナス思考だと思う人?」、「自分は消極的だなって思う人」、「自分は暗いなって思う人」、「不倫をしている人」、「今日覚せい剤を打ってきた人」、「自分は頑固だなって思う人」。

この中に“真実”は2つしかありません。それは「不倫をしている人」と「今日覚せい剤を打ってきた人」ってだけです。

それ以外は全部「脳の錯覚」。真実でも事実でもなく“錯覚”。
松本守正さんのワークショップに参加して(その2)

Night-005
生き方には逃げるか、守るか、攻めるかの三通りあります。

逃げたら、人生が終わります。守る人生は、しぼんでいきます。

結局、選択できる生き方は一つしかないということです。攻める生き方です。攻める生き方とは、自分と闘う生き方。自分の人生を変える(より良いものにする)ために、自分と闘うんです。
松本守正さんのワークショップに参加して(その3)

Night-006
「私には出来る」って一生懸命思い込もうとしている横で、「あなたには無理だ」って言う人たちはたくさんいます。

それは、みんな心が貧しいからです。みんな夢なんか持たないようにして、這いつくばって生きているのに、あなただけ成功したら面白くないからそんなことを言うんです。
松本守正さんのワークショップに参加して(その4:最終回)

Night-010
外野席のおっさんは、「あなたには出来ない」、「そんな夢を持っても無駄だからやめとけ」って言います。そんなの知ってるよ、分かってるよ、これこれこうじゃろ。無理だよ、出来るわけないよって。

でもそんな人、あなたの人生には何の関係もないでしょ。何にも挑戦していない人が、何を言っても、そんなのあなたには何の関係もないんです。あなたは、そんな人の言葉を信じて生きてくの?


コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/518-49f66cbc

<< topページへこのページの先頭へ >>