【良き人生か?】カテゴリ目次 - Page 05

感情なんて本当に選択できるの?(「7つの習慣」-その5)

夕焼け-006
問題は自分の「外」にあると考えたら、その考えこそが問題なんだ。

他人の弱点や欠点を批判することをやめる。それは、意識を他人に向けるのではなく、自分自身の反応に向けるということ。彼らが何をしているのか、何を怠っているかが問題なのではなく、それに対してあなたがどういう反応を選択するかが問題なんです。
人のあらゆる行動には共通の動機がある(「7つの習慣」-その6)

夕焼け-007
「○○さんに、△△を頼まなくちゃいけないんだけど、でも断られたら嫌だなー」みたいなシチュエーションは頻繁にありますよね。「嫌だなー」って感情が先に立って、行動に踏み切れないまま足踏み。

そんな時、「頼んで受けてくれればラッキー。でも、断られても、それは自分に足りないことを教えてくれる絶好の機会だから、それはそれで楽しみ!」って思えたら、足踏みなんかしていませんよね。
頭の中の映像をコントロールする(「7つの習慣」-その7)

夕焼け-008
自分の心臓にドキドキするように命じてみて下さい。どうですか? 多分、うまくいかなかったと思います。

でも、「夜遅くに暗い路地を歩いていると後ろから足音がどんどん近づいてくるところ」をはっきり思い浮かべれば、きっとドキドキしてくることでしょう。

「想像力」って、論理や意志の力よりもずっとずっと強力なんです。
車にひかれたら、それも自分の責任?(「7つの習慣」-その8)

夕焼け-009
両親がどうだから、家が貧乏だから、妻がこうだから、夫がああだから、上司が無能だから、学歴が無いから・・・・・もしかしたら、あなたが責めを負う必要のない事も多いのかもしれません。

でも、それがあなたに配られたカードなんです。配られたカードが悪いから人生という名のゲームから降りるってわけにはいかないでしょ。そのカードでどうプレイしていくかは、他の誰でもなく、いつもあなたの責任です。
この旅を終えるとき、あなたは何と答えますか?

夕焼け-010
「私たちは、将来、役者になることを夢見て、毎日毎日、厳しい修行を積んでいます。私たちの努力は、いつか報われるのでしょうか?」

アカデミー女優のゴールドバーグは、こんな風に答えました。

「いま、あなた方は、いつか役者になりたいとの夢を持ち、素晴らしい仲間とともに、励ましあい、助け合いながら、毎日その夢を追い求め、目を輝かせて生きているのでしょう。そうであるならば、あなた方の努力は、すでに報われているのではないですか」
自分の人生の脚本を、「自分自身で書く」ということ

夕焼け-001
“自分の”お葬式のシーンを思い描いたとき、その葬儀に参列してくれる人たちから、あなたの人生について、なんと言って欲しいですか? あなたは、パートナーや子供、友人、あるいは同僚の心の中に、どんな人として覚えていて欲しいですか?

この場面を真剣に想像し、葬儀で述べて欲しい弔辞を考えてみたとき、そこにあなたが見つけるものは何ですか?
わたしが生活の中心においているもの?

夕焼け-002
ミッションステートメント?

・助言は素直に受けよう。
・誠意を持ちながら、強い決断力を持とう。
・毎年、新しい才能をひとつずつ身につけよう。
・明日の行動は今日計画しよう。
・前向きな姿勢を維持しよう。
・失敗を恐れず、失敗から学び、成長の機会を逃すことを恐れよう。
秋に収穫するためには、春に種を蒔かなければならない

夕焼け-003
テニスやピアノといった誤魔化しが効かない分野において、自分の成長レベルを意識することは容易です。でも、人格や精神の成長に関しては、誤魔化しが効くことがあるため、その成長のレベルを簡単に測ることができないのです。

他人の目を欺こうと格好をつけたり、着飾ったりすることは簡単ですよね。できるふりをすることも可能だし、自分自身さえも騙せるかもしれません。
やってみなけりゃ分からない ----- これも原則、かな

夕焼け-004
「出来ない」って思うのが思い込みなら、「出来る」って思うのも思い込みです。

どちらも同じ「思い込み」だけど、「出来ない」って思い込んでいたら、そこで思考停止です。そこから先に進むことはありません。

反対に「出来る」って思いこんでいることは、その後に“行動”がついてきます。この差は大きいですよね。
結局は、行動の“量”が要なんです

夕焼け-005
無駄な努力? でも、その努力が無駄だったのか、無駄ではなかったのかが分かるのは、やってみた “後” なんです。

無駄な努力をしたくないから、「うまくいく方法」だけを試したいって思うわけですが、そのことを「頭で考えている」と、結局は何事もスタートできずに、くすぶり続けることになってしまいます。
関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/520-025da814

<< topページへこのページの先頭へ >>