自転車用のディスプレイスタンドを製作(改良?)

自転車のメンテナンス用にしっかりとしたワークスタンドを製作し、これはこれで非常に使い易く、いろいろと活躍してくれています。

ただ、そこまでガッチリと固定する必要が無い場合、更に手軽に使えるのは、これまた自作のディスプレイスタンドです。

旧ディスプレースタンド
青いフックの所にチェーンステーを引っかけ、その上部でシートステーをベルクロのベルトで固定して使っていました。

市販の同形状のディスプレイスタンドのように、2つのフックでチェーンステーとシートステーを保持するよりも、シートステー側はフリーの方がセッティングに自由度があっていいだろうとの想定でこのように作りました。

予想通り、これはこれで非常に使い勝手がいいのですが、作業している際にどうやらかなりの力がこのベルクロ部分にかかるようで、どうかすると外れてしまうことがあります。

ならば、試しに市販タイプのように2つのフックを設けてみようかと。

製作(大した工程ではないけれど)

フック用に買ってきたのは、シンプルなL型金具。2個で100円前後。

フック1

これを適当な径の丸パイプと一緒に万力で挟んで固定し、金具の端をハンマーで叩いて曲げていきます。

そして出来あがったのが、これ。U字形のフック形状になりました。

フック2

このU字形のフックに両端からチューブを被せていきます。自転車のフレームの傷防止です。

フック3

この2つのフックを、最初の写真の自作ディスプレイスタンドに取り付けるのですが、取り付けを容易にするために、先ずは金属パイプに棒状の木材を取り付けます。

そこにU字形フックを木ネジで固定します(チューブの該当部分は切れ目を入れておいて)。

完成したのがこれ。市販品のディスプレイスタンドにならって、2つのフックの間隔を決めたのですが、(引っかける場所にもよるんだけど)上側のフックがうまく引っかかりません(右の写真)。

新ディスプレースタンド

最後の詰めが少し甘いですが、取り敢えず完成。後は現物に合わせて調整していく予定。


コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/540-2e05a80e

<< topページへこのページの先頭へ >>