【自転車と遊ぶ】カテゴリ目次 - その他の[5]


◆本の題名◆
オークションで購入したブリジストンのアンカー FA900 ですが、しばらくフラットバーハンドルで乗っていたら、どうしても乗り辛い。腕が疲れるし、肩が凝る。

クロスバイクに乗っている多くの方々は、特に不満は感じていないんでしょうか。

元の所有者の方が、オリジナルのフラットバーからドロップハンドルへと交換してたのを、私が一旦オリジナルの状態に戻したのですが、やはりドロップの方がいいかも。

◆本の題名◆
上の項で、フラットバーハンドルへの不満をもらしましたが、結局ドロップハンドルに交換することに。

ハンドル、レバー関連、ワイヤー関連ごと、ステムも含めていっぺんに交換してしまうので、作業自体は本当に簡単。こういう “セット” で交換出来るんだっていうのは、今回初めて知りました。

ドロップにした乗り心地は・・・言うこと無し。スバラシイ。

◆本の題名◆
STIレバーのネームプレートって傷つきやすいですよね。オークションなどに出品されているSTIレバーを見ると、大概はネームプレートに傷がついてますし。

ボロボロになったネームプレートの、深く入った傷をエポキシ系の接着剤で埋め、紙ヤスリで削り、コンパウンドで磨いて下地作り。

仕上げは100均で買ったマニキュアで塗装し、磨き上げて補修完了。表面にあったロゴは消えちゃったけどね。

◆本の題名◆
アルミ製のディレイラーハンガーが変形してしまい、ある程度の修正はしたのですが、どうもギアチェンジの動作がいま一つしっくりとこない。

「ディレーラー直付ゲージ」というディレイラーハンガーの曲がりを修正するツールの存在を知ったのですが、ちとお高い。

多分、一生に何回も使わないツールだと思うので、構造を真似した簡易的なものを自作することに。

◆本の題名◆
組立てが完了したブルホーンバーのセンチュリオンに、バックミラー(サイクルスター 901/3)を取り付ける。

本当はブルホーンのバーエンドに取り付けたいのですが、ハンドルバーの中を通るブレーキワイヤーが邪魔して、十分な深さまで差し込めません。

901/3には、ハンドルにマウントするためのパーツも付属しているので、こちらを使って取り付け完了。

◆本の題名◆
上の項で、サイクルスターをベルトタイプのマウントパーツでハンドルの中ほどに取り付けたのですが、バーテープのフワフワが災いして、どうしても位置が変わってしまいます。

ハンドルバーエンドに差し込めれば、確実に固定できるので、その方法を探ることに。

以前、事故で破損したバーエンドに差し込むタイプのホルダーがあったので、これを修理しながら、ブルホーンのバーエンドでも固定できるように細工を施します。

◆本の題名◆
どんなに小額の商品でも「Free Shipping」の DealExtreme で初のお買い物。

ROSWHEEL のフレームバッグを買いました。上面に前面透明シートのポケットがあり、そこに iPhone を入れれば、直接操作が可能ってやつ。

収納スペースも広くて、結構使い易そう。ただ、固定用のベルクロの長さが問題有りだな。

◆本の題名◆
ブルホーンのバーエンドに、ちょっとした加工を加えたバックミラーを付けたのだけど、これがもの凄く使いやすい。

これまで、フラットバーにも、ドロップハンドルにも同じバックミラーを付けて来たけれど、今回の取り付け位置がベスト。

後方をキチンと確認できるので、もうこれ無しでは怖くて走れないかも。

◆本の題名◆
GIZA製自転車用携帯マルチツールを購入。

本当にマルチツールで19機能もあるんだけど、いざって時、使う可能性のある工具は、この内の多分2~3個ではないでしょうか。

とは言いながらも、使うのは “いざ” って時なので、安心感を持って走ってるって考えればいいのでしょうね。

◆本の題名◆
上の項の携帯マルチツールを購入したのに伴い、“携帯非常用セット” をもう1セット用意しておこうと、Panaracerのタイヤレバー付パンク修理キットを購入。

以前、シュワルベのタイヤレバーを購入するときに、どちらにしようか迷った一つがこのPanaracerのタイヤレバーだったので、こっちのも使ってみたいって思ったのも購入の理由。

ついでに、最近消耗の激しいパンク修理用パッチを購入。それも100枚セットのやつ。これでもう一生分のパッチは十分。





コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/554-e51ec51d

<< topページへこのページの先頭へ >>