ロジクールマウスの保証交換品、僅か3日で到着!

ここに書いた通り、ロジクールのマウス「M510」にチャタリング症状が発生し、カスタマーセンターに連絡したら保証交換して頂けることに。

交換品が届くまで2週間を覚悟 ⇒ 3日後に到着

その際に言われたのは、「在庫が少なくなりつつあるので、タイミングが合えば4~5日で発送可能だけど、それを逃すと次の納期まで10日~2週間程度の期間が必要になります」ということ。

ネットで色んな方々の書き込みを見ていても、保証での交換品の到着は総じて2週間程度かかるようなので、ある程度は覚悟していたのですが。

ロジクールに連絡したのは週明けの月曜日。それから3日後の今日(木曜日)に商品が到着。

新M510

“神対応” ってやつですか! 素晴らしい! 感激しました。

捨てずにとってあった「M905」まで復活 -- 静電気解放方法、恐るべし

ところで、この記事の後半に書いた通り、マウス内部に溜まった静電気を解放するというチャタリング解決方法を試したら、ダメだと思っていた「M510」が復活したわけです。

あれから丸3日間、使い続けているのですが、たまーに「ん?」っていう挙動もないことは無いんだけど、それほどの不快感を感じずに普通に使えているんです。

少なくとも、直ぐにでも新しいマウスに交換しなくちゃという感覚はありません。困ったなー。

更に、この「M510」に買い替える前に愛用していた、同じくロジクールのワイヤレスマウス「M905」ですが、これまた復活したんです。

壊れてたマウス

この「静電気解放方法」というチャタリングの解決法を知って、そう言えば「M905」って捨てずにどっかに仕舞い込んであったなって思い出しました(そこそこ高いマウスだったので、捨てるのがもったいなかったんです・・・貧乏性)。

探し出して来て、静電気解放方法を試してみると、見事1年半振りに復活。

この「M905」、本当に気に入っていたんです。どんな場所でも正常に動作するし、機能も豊富だし、コンパクトでワイヤレスだし。何より軽いのがいい(唯一不満だったのが、追加ボタンが人差し指で操作する位置にあったことですが、その後の改良版では親指位置に変更になってました)。

おー、復活したってしばらく使っていて、「M510」に戻ったら、大きく重くてモッサリと感じます。

マウスって壊れ難いものなの?

よくよく考えてみると、これまで最低でも二桁数のマウスを使ってきたけど、チャタリング症状以外で故障したという記憶がありません。

高機能を求めてボタン数が多いマウスに変えたり、ワイヤレスに移行したりで買い替えてはきましたが、ボタンが反応しなくなってみたいなのは無かったのでは。

うーん、マウスって壊れにくいの?

ロジクールのマウスって、チャタリングが発生し易いって評判があったような気がするけど、それもこの静電気解放方法で(ある程度)回復可能となると、かなり長い期間使える?

取り敢えず、正常に機能するマウスが3つもあることになり、当分の間はマウスで悩むことは無さそうな気がします。




コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/566-244f8714

<< topページへこのページの先頭へ >>