HDDケースの通風孔(?)のホコリ掃除

HDDが認識しなくなってしまった。珍しいことではないので、PCを再起動とか色々とやってみたけど、どうしても認識しない。

結局、原因はHDDからのUSBケーブルが半抜け状態になっていたことでした。ロジクールのワイヤレスマウスをあれこれ交換していたら、USBレシーバーを抜き挿しする際にやってしまったようです。

HDDケースの冷却用空気取り入れ口と吹き出し口がホコリに埋まって

このHDD、購入してから3年くらい経つでしょうか。大容量のHDDが欲しくて、完成品を買うよりもバルク(簡素な包装で、マニュアルなどは付属してなくて、メーカー保証などのサポートも限定的な商品)の内蔵用HDDを買った方が安かったので、HDDケースを購入して自分で組み立てたものです。

HDケース外観
記憶が曖昧ですが、内蔵用HDDを2つ収納できるこのHDDケースが3000円台だったかな。バルクの2TBの内蔵用HDDが1つ7000円前後で、合計4TBのHDDが17,000円前後で手に入りました。

ということで、認識しない問題は一件落着なんですが、問題のHDDケースをふと見てみると、内部を冷却するための本体前面の空気の取り入れ口がホコリで埋まっています。

後ろのファン周りを見てみると、こちらもホコリまみれで、本体は結構熱を持っている感じ。これだけ風の流れが悪いと、それも当然の結果かな。

HDケース前後

元々、バラの状態で購入しているので、バラすのは本当に簡単

まあ、バラすまでもないんだけど、せっかくなので内蔵HDDを取り出して内部のホコリもお掃除。

本体後方のネジ4本を外して、HDDを収納している内部ケースを引き出します(写真左)。その内部ケースから、今度はHDDを外します(写真右)。こちらもネジ4本を外して、コネクタから引き抜くだけ。

引き出して

片側の内蔵HDD(3.5インチ)を取り外した状態。内部はホコリの影響はほとんど受けてない感じ。

内蔵HD

軽く拭いて、逆の手順で組み立て直して清掃完了。

HD4TB
因みに、この「玄人志向」のHDDケースですが、省スペースで場所はとらないし、ファンの音も静かで中々いいです。また、ケースとHDDを別々に買って組み立てると、HDDが壊れた時、それを交換するだけなので安上がりです。

今は、同じタイプでUSB3.0対応のものが、4000円台前半で購入できます。また、別のメーカーのものですが、RAID機能搭載の商品(少し高いですが)もありますので、外付けHDDの選択肢の一つとして検討してみてもいいのではないでしょうか。

マウスに続いての分解清掃ですが、PC周りの機器もたまに清掃してあげると、気持ちもスッキリしておススメかも。



関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/573-cc432ddc

<< topページへこのページの先頭へ >>