Kindle Paperwhite の内蔵辞書を切り替えてみる

前回、Kindle Paperwhite の内蔵ライトに関して色々とレビューしましたが、今回は辞書機能に焦点を当てて見ていきましょう。

先ずは内蔵辞書を見てみましょう。

「言語」で「English」を選択した “私” の内蔵辞書は、2つの英英辞書

左の画面は、まだ何も買わず、何もダウンロードしていない「Device」の “素” の状態です。上段の右端に「Dictionaries 2 Items」というのがあります。

この中身を見たのが右の写真。「Osford American Dictionary」と「Oxford Dictionary of English」という2つの英英辞書が入っています。

最初の辞書
後でまた触れますが、「Device」の左隣の「Cloud」をタップすると、そこに国語辞書、英和辞書含め、更に10種類の辞書があります。

想像するに、購入して最初の設定の「言語」の選択で、English と日本語の違いによって、その後のタップ範囲の振り分けが(多分)変わっているのと同じように、選択言語によって「Device」に最初から内蔵される辞書も変わってくるのではないでしょうか。

要は、「言語」で日本語を選択すると、上記2つの英英辞書の替わりに、国語辞書と英和辞書が内蔵されている状態になっているのでは、ってことです。

単語の意味を調べるには “長押し” でOK

さて、この状態で単語の意味を調べてみましょう。

意味を知りたい単語を指先で “長めに” タッチします。以前、この動作のことを「ジワーっと押す」という風に表現されていたのをネットで見たことがあるのですが、なんか、指先に力を入れていく必要があるのかなって勘違いしていました。

当然と言えば当然ですが、指先に力を入れる必要は全くなくて、タッチよりも微妙に長めに触れている必要があるだけです。

一瞬の間をおいて、その単語が反転(ハイライト)されるので、そこで指を離すと単語の意味を表すウィンドウが現れます。

単語意味英英調べ

[Cloud]から「プログレッシブ英和中辞典」と「大辞泉」をダウンロード

次に英和辞書で単語の意味を調べてみましょう。

先に触れた通り画面上の「Device」の左隣の「Cloud」をタップすると、そこに「Dictionaries 10 Items」という本(項目)がある筈です。これをタップすると10種類の辞書が現れます。

辞書10種
「プログレッシブ英和中辞典」、「大辞泉」の他、中国語、ドイツ語、ポルトガル語、イタリア語、フランス語、スペイン語の辞書が入っています。

Kindle Keyboard の時は、英英辞書しか存在していなかったので、わざわざ Kindle 専用の英和辞書(英辞郎●MOBI)を買ったのですが、今回は無料でダウンロード出来るわけです。

さて、[Cloud] から「プログレッシブ英和中辞典」と、ついでに「大辞泉」の2つの辞書をダウンロードしてみます。各辞書をタップすると直ぐにダウンロードが始まります。

左は[Cloud] から「大辞泉」をダウンロードしている最中(29%)。そしてダウンロードが完了すると、[Device] の中に、上の写真にある2つの英英辞書と一緒に、「プログレッシブ英和中辞典」と「大辞泉」が入っています。

辞書ダウンロード

ツールバーの「Settings」から階層を辿って行って辞書を変更する

次は、使う辞書を変更していきます。ツールバー右端のアイコンをタップして出て来るリストから「Settings」を選択。次の画面で「Device Options」をタップ(ここで「言語」の変更もできます)。

セッティング&オプション

更に階層を辿っていくと「プログレッシブ英和中辞典」が出てきました。右端のマーク位置を変更して「OK」をタップすれば辞書の変更完了です。ホームへと戻りましょう。

英和辞書選択

この状態で、英英の時と同じく「another」の意味を調べてみると、キチンと英和辞書になっています。「Show Full Definition」をタップすると、写真右のように全文が表示されます。

単語意味英和で
因みに、写真左のウィンドウ内で、「another」の意味の下に隠れている部分を見るには、「タッチしてスライド」させ、右の場合はページ送りで見ることになります。

辞書機能は、まだまだ奥が深いので、更に続きます

関連記事
コメント:
ドイツ語、イタリア語の辞書(独和/和独/独独、および伊和/和伊/伊伊)をダウンロードするのに、現在持っているiPadにアップルストアで買ってダウンロードするか、Kindleを買ってダウンロードするか迷っています。Kindleのほうが有料辞書の料金が安いように思うのですが、どうでしょうか?素人質問ですみません。 Grazie mille.
[2014/05/19 23:28] | TasmanianDevil #- | [edit]
TasmanianDevilさん、こんにちは。

おー! ドイツ語、イタリア語の辞書ですか。私には未知の世界ですね。スミマセン、単純に価格の比較だと私には知識がありませんので、的確な回答を出すことができません。

ただ、私なりの双方のメリット、デメリットを。
先ず、辞書の使い方なんですが、iPadあるいはKindleで読んでいる書籍内の単語を、長押しで呼び出して意味を調べるというので合ってますよね?

もしも、紙の本を読んでいて、そこに出てくる単語をiPadあるいはKindleの辞書で調べるというような場面も想定するのであれば、これは絶対的にiPadの方が有利でしょう。と言うか、私の知っている限りでは、Kindleではこのような使い方はできないと思います。

一方で、テキスト主体の電子書籍に限って言うならば、Kindle Paperwhite は抜群に読みやすいです(Kindle Fire は持ってないので分かりませんが)。私の評価としては、これはKindleの方に軍配が上がると思います。
なので、独語、伊語の電子書籍を読む機会がたくさんあるのであれば、Kindleを買って、Kindle用の辞書も買ってというのは、悪くない選択だと思います。

因みに、Kindleには数カ国語の辞書を内蔵(クラウドから無料でダウンロード)していますが、その中に独独(Duden Deutsches Universalworterbucch)と伊伊辞書(lo Zingarelli Vocabolario della Lingua Italiana)も含まれています(私には使い道がないので使ったことがなく、キチンと使えるのかどうかは未検証ですが)。

TasmanianDevilさんの求める回答ではないかもしれませんが、こんなところかな。
[2014/05/21 10:56] | taka14 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/616-dcf38290

<< topページへこのページの先頭へ >>