GIOS NATURE の主要コンポを交換する -- 重量測定

前回、GIOS のパーツをフレームから取り外したので、今回は各パーツの重量測定をしていきます。

フレーム重量アルミフレーム
 +カーボンフォーク
 +ヘッドパーツ

【2350g】

シクロクロスなので(?)ちょっと重い。
BB重量

コッタレスクランク用の四角い軸のBB。

【330g】

SHIMANO BB-UN53
(左ワンをフレームに残したままだった)

クランク重


クランクセット

【682g】

RPM 170mm(44-34)

Fディレイラ重量




フロントディレイラー

【98g】

SHIMANO FD-5501


Rディレイラ重量




リアディレイラー

【228g】

SHIMANO RD-5501

カンチ重量





カンチブレーキ本体(前後)

【384g】

SHIMANO BR-R550
シートポスト重量


シートポスト

【312g】

クランプ重量





シートポストクランプ

【22g】

SMP サドル重量





サドル

【361g】

SMP EXTRA
ステム重量




ステム

【157g】

ドロップハンドル重量






ドロップハンドル

【328g】

ハンドル周り一式





上のドロップハンドル
 +STI
 +バーテープ
 +ケーブル類 ⇒ 【1062g】

ここから、ドロップハンドル分を差し引くと【734g】

チェーン重量
チェーン

【266g】

スプロケ重量





カセットスプロケット

【238g】

CS-HG70-9
フロントホイール重量






前輪
(ホイール+タイヤ+チューブ
              +リムテープ)

【1158g】

SHIMANO WH-R550
Panaracer Elite Plus 700×23C

リアホイール重量
後輪(同上)

【1432g】



クイック重量



クイックレリーズ

【123g】

ペダル重量





ペダル(左右)

【314g】

SHIMANO PD-A520





これらを単純に合計すると、総重量は約9.5kg。まあ、こんなところでしょう。9kgを切るには、あと500gの軽量化が必要ってことですね。キツイなあ。



コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/672-475dd07e

<< topページへこのページの先頭へ >>