【自転車と遊ぶ】カテゴリ目次 - その他の[7]


◆本の題名◆
サドル位置を15mm高く、そして遠くしたら、乗り心地が劇的に変わったというお話。高々15mm、されど15mmって感じかな。

変更した当初は微妙に違和感があったのものの、少し慣れてくると変更後の方が断然いい! ペダルの回転もスムースだしね。自分の体に合わせた調整の大切さを再認識した次第。

◆本の題名◆
自分の自転車のポジション調整をしたら、乗り心地が劇的に変わった(上の項)ので、二男、三男の自転車も調整してみることに。

三男の股下高を測定し、サドル高を算出し、現状と比較してみると、計算値より40mmも低い。自分の15mmでもあんなに変わったのだから、40mmも変えると多分別の自転車みたいに感じるのでは。

◆本の題名◆
二男の自転車に続いて、今度は三男の自転車のポジション出し。こいつは、30年物のクロモリロード。

二男のも三男のも、基本は私に合わせていたので、特に身長の高い二男にとっては、サドル高はとんでもなく低すぎたようで、65mmも引き上げることに。

◆本の題名◆
二男と三男のサドル高を調整し、出来ればハンドル高も調整したいんだけど、っていうお話。

三男の方はハンドル高を下げたいけど、フレームサイズのせいでこれ以上は無理そう。二男の方は高くしたいんだけど、こちらはステムとフォークが固着していて無理という状態。

◆本の題名◆
送料無料になる金額の関係で、MINOURA(ミノウラ) のボトルケージ を買ってみたら、これがイイんだ! ジュラルミン製で軽いし。

そもそも今回のお買い物は、自転車を路上駐輪していたら、警察にワイヤーロックを切断されてしまったことに起因して、ワイヤーロックのついでにボトルケージも買ったというわけ。

◆本の題名◆
上の項で、ボトルケージとワイヤーロックを買いましたが、実はもう一つ、携帯フロアポンプも買っています。

こいつの特徴は、使用時にスルスルと出て来るゴムホースがついていること。更に足で押さえて操作が出来るので立派にフロアポンプなんです。ちょっと大きく重いけど、操作性は抜群。

◆本の題名◆
ずーっと前からブレーキシューチューナーが欲しかった。値段も安いし。でも送料を取られるのが嫌で買えずに・・・買いました。

ブレーキシューの調整って特に面倒臭く感じるので、これで解放されるかもって喜んだのも束の間、早速そのままでは使えないことが判明。どうしましょうか?

◆本の題名◆
クランクの軸部分が両サイドともカバーも何もなくて、なんか簡単にサビが出てきて気になる。専用品は存在しないので自作してみた。

片側はハンドルのエンドキャップを利用して簡単に完了。もう片方は、ホムセンで使えそうな素材を色々と探した結果、イスの脚に付けるためのキャップを利用することに。

◆本の題名◆
ジャグワイヤーのブレーキパッドチューナーですが、私の自転車のリム形状のために使えないのでカットして使えるように。

ところが、やっぱり使えない。どうやらVブレーキやカンチブレーキでは、ブレーキシューの動いていく方向の関係で根本的に使えないのではないかというのが私の結論。

◆本の題名◆
シマノ BR-R463 購入。ミニVブレーキに属すると思うけど、他のそれよりはアーム長が少し長い。

それもあってか、シマノは「コンパクト」と呼んで、公式に STI “非対応” としているけど、私は STI で使う予定で購入。質感は悪くないけど、実際に使うのは先のことなので、まだ何とも言えず。


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/697-c7b8c510

<< topページへこのページの先頭へ >>