台風が通り過ぎるたびに、一歩ずつ秋が深まって

10月も中旬に入り、すっかり秋めいてきました。

そんな気分で見るからか、空の色も雲の形もなんか「秋だなー」って。でも、やっぱり気分的なもんが大きいのかも。


下流に向かって鶴見川左岸側の自転車トレーニングコース。風はひんやり、空はスッキリ。

2010秋-01


まだ夏草の勢いは残っていますが、茶色一色になるのもそう遠くないことでしょう。

2010秋-02


この手の薄いスーッという感じの雲が秋っぽいのかな。

2010秋-04


川沿いは風の強い日が多いのですが、今日は風も穏やかに、川面に空の青を映し出します。

2010秋-03


典型的な秋空っぽくないですか。

2010秋-05


沈んだ太陽が雲の下側を赤く、本当に赤く染めます。

2010秋-06


鶴見川にかかる人道橋。夕暮れ時は、いつも寂しいけど、秋の夕暮れは格別に。

2010秋-07


鶴見川右岸はいつもランニングでお世話になっているコースです。土手の雑草はきれいに刈り取られてスッキリと。

2010秋-08


鉄塔のシルエットの間にぽっかりと浮かぶ雲。

2010秋-09


上の写真と同じ雲。たまたま通りかかったクルマがちょっとしたポイントに。

2010秋-10


秋と言えばススキ? 台風が近づき、強い風になびかされて。

2010秋-11


夕陽を受けてオレンジ色に輝く雲一つ。

2010秋-12


雲の隙間を通りぬけた夕陽が、空に光線(?)を描き出します。

2010秋-13


上の写真から5分後くらいかな。山の向こうから夕陽の光線が四方八方に飛びます。

2010秋-14


もう少し経つと、空の濃さが増し、もう少し綺麗なグラデーションが現れそうですが。

2010秋-15

朝晩の気温が日毎に下がってきてるので、そろそろ紅葉の声も聞こえてきそうです。もう扇風機は片づけてもOKかな。


コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/702-85dfded7

<< topページへこのページの先頭へ >>