「レンズは “資産” だけど、ボディーは “消耗品” 」という認識

今さらながらのオリンパスのミラーレス一眼カメラ E-PL3 購入ですが、前回に続いて機種選定の道程を記しておきたいと思います。

前回、“カメラ” という大きな塊の中から、自分の求める条件に合わせて選択肢を少しずつ絞り込み、最後にマイクロフォーサーズにたどり着きました。

今回は機種選定のお話。

2世代前の E-PL3 にするか、性能アップした E-PL5 にするか

マイクロフォーサーズ機の中で何を買うか? 先ずはメーカーの選定ですが、いくつかの観点から Panasonic も最後まで選択視野に入れてはいたのですが、最後は OLYMPUS に決定。

まあ、単純に好みの問題かと思いますが、個人的には OLYMPUS のデザインの方が好きだな。

E-PL3

さて、OLYMPUS となれば、買うのは OLYMPUS PEN シリーズなんですが、その中にも3つのグレードがあります。上位機種の E-P シリーズ、可動式モニターが特徴の E-PL シリーズ、そしてシンプルな E-PM シリーズ。

それほど上を目指してはいなかったので、最初から E-P シリーズは除外。買うとすれば、E-PL シリーズか E-PM シリーズかに絞り込みました。

タッチAFシャッター搭載の E-PM2 にも魅力を感じたのですが、それ以上にチルト式の可動モニターを使ってみたいという思いの方が強く、これの搭載されている E-PL3 か E-PL5 のどちらかを買うことにしました。

E-PL3 であれば発売開始から2年が経過しているの今、新品であってもかなり安く購入できます。また、ヤフオクにも「新品同様」でかなり魅力的な出品が多数あります。

一方の E-PL5。こっちはチルト式の可動モニターにタッチAFシャッターまでもが搭載と魅力満点。さらにネットでの評判を色々と見ていくと、E-PL3 に比べて随分と性能が上がってるとの話が。

買い方にもよるけど、場合によっては E-PL3 と E-PL5 で、倍くらいの価格差が出てきてしまいます。いや、それでも E-PL5 が欲しいなーと、一時、気持ち的には E-PL5 に決めていたのですが。

そーか、ボディーは “消耗品” という認識をすればいいのか

気持ちが変わったのは、どこかで読んだ記事の中に、こういう表現を見てから。

「レンズは “資産” だけど、ボディーは “消耗品” 」

ふーん、そうなんだって思いました。実際、ボディーだけの価格を見ていくと、発売当初は高いとしても、型落ちになると(もちろん、機種にもよりますが)ヤフオク辺りで「新品同様」でも1万円前後まで下がってしまいます。

一方で、レンズの価格の下落は、結構高値安定という感じ。

なるほどー、だったらボディーの型番にそんなにこだわる必要はないのかなって。今、新製品を高い価格で買わなくても、1年もすればかなり安く買えるようになるわけですから、その時に消耗品として買い替えてもいいかもって思ったんです。

背景ボケレンズ「レンズは “資産” 」という言葉で、購入予定のタイプも変わりました。

前回も書きましたが、「出掛ける時には必ず持って」というのが基本コンセプトなので、ボディーから大きく出っ張るズームレンズを使う機会はほとんどないだろうなって思っていました。

なので、レンズキットではなく、当初はボディー単体とパンケーキレンズとを別々に購入し、様子を見ながら他のレンズを買い足していくのが、“携帯” という面から考えてもベストではないかと。

でも、この「レンズは “資産” 」という言葉で、使う使わないは分からないけど、資産として考えればズームレンズセットを購入しておく方が賢い判断に思えてきたんです。

実際問題、新品であろうと、ヤフオクの出品であろうと、ボディー単体を購入するよりも、レンズキットを買った方が圧倒的に割安という事実もあるわけですし。

S95 の写りには十分に満足し、それでもミラーレスを買おうという一番の動機は

もう一つ考えたのは、ミラーレスを買う動機の大きな部分を占めているのは、「背景ボケ」の写真を撮りたいということでした。

なんだけど、セットのズームレンズは F値が大きいため、それ程大きなボケを得ることが出来ないらしい。

であるならば、F値の小さい単焦点レンズを買わないと、もしかしたら当初の目的を達成出来ないんじゃないかと思ったわけです。どうせなら一緒に単焦点レンズも買いたいなと。

そんな思いを持ってヤフオクで探していたら、出会ったのが E-PL3 のダブルズームキットに、単焦点レンズ M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8 がセットになった出品だったわけです。

上のレンズの写真は、この 45mm F1.8 で撮った標準ズームです。後方にあるのはキーボードですが、ぼやけて何だか分かりません。被写体は別として、こういう写真を撮ってみたかったんです。

色々といじり倒してみよっと。


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/710-42a3ff74

<< topページへこのページの先頭へ >>