カメラ用インナーボックスの製作 -- 今度は望遠ズームも一緒に

小さめのウェストバッグ合わせて、必要最小限のインナーボックスを作ったのですが、完成してバッグに入れてみたら横にスペースが少し余っていました。

せっかくなので望遠ズーム用のインナーボックスを追加で作ってみようかなと。材料は同じく EVA製のジョイントマット。8枚セットなのに、1枚半くらいしか使ってないし。

素材と針と糸

横幅いっぱいに使って、高さは前回のインナーボックスに合わせて120mm。接合部には、縫い合わせ用のひもを通すために千枚通しで下穴を開けておきます。

円筒縦壁

縫い合わせ用のひもは、100均で買ってきた荷造り用ひも。材質はポリプロピレン(PP)かな?

ナイロンひも

素材にひもを通すには、これまた100均で見つけた「補修用針」の中から、カーペット針なるものを使いました。

針いろいろ
この針セット、革を縫うのに使えないかなって買ってみたのですが、こんなところで大活躍。それにしても27本入って100円とは、毎度のことながら恐れ入ります。

製作 ⇒ といっても針で下穴にひもを通していくだけ

さて、早速針にひもを通し、素材を円筒形に丸め、接合部を縫い合わせていきます。

円筒縫い合わせ
意外と簡単でした。接合部は少し膨らんでしまいますが、まあ良しとしましょう。円筒の直径は約75mm。望遠ズームの最大径は65mmなので、少し大き目かな。

出来あがった円筒の内径に合わせて底板をカットし、これまた縫い合わせていきます。

円筒の底縫い合わせ
円筒の内側から穴に針を通すのに少し苦労しましたが、思った以上に簡単に、そして綺麗に完成。

完成すると、また次のアイデアが生まれてくるんだよなー

ウェストバッグの中に、前回作ったインナーボックスと並べて入れてみました。

ウェストバッグ円筒インナー
円筒が、四角いインナーボックスの壁を少し押しつぶしますが、まあ許容範囲。

もう少し工夫すると、もっとしっくりとくるかもしれないなーと、インナーボックス[改]の構想を。

インナーボックス改

どうでしょうか。これならボックスの角も丸まっているので、ウェストバッグを腰に着けて締めつけても、イイ感じにフィットしてくれそうな気がします。

この後、E-PL3 にグリップを付ける予定なので、それに合わせてまた作ってみようかな。


コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/724-d6333cd3

<< topページへこのページの先頭へ >>