E-PL3 用カスタムグリップの製作 -- 木材で形状を削り出す

E-PL3 用のグリップ作りですが、前回作図した型紙に基づいて、ファルカタ材からグリップ(兼、革の絞り型)を削り出していきます。

肥後の守とかボンナイフなんて、今や知ってる人は少ないんだろうなー

切りぬいた型紙を 6mm厚のファルカタ材にノリで貼り付けます。

型紙貼って

ラインに沿って周囲を削っていくのですが、そのためにクラフトナイフを買いました。

クラフトナイフS
OLFA のクラフトナイフS という商品ですが、切れ味も良く握り心地も悪くありません。

考えてみれば、子供の頃、ナイフって必携品だったんですよね。男の子は誰もが折りたたみ式のナイフを必ず持 っていた筈です。

いわゆる「肥後の守」(と総称される模造品?)と言われる折り畳み式のナイフで、刃渡りは大体 7cmから10cm 位だったと記憶しています。

それなのに今は銃砲刀取締法によって、「刃体の長さが6cmをこえる刃物については、何人も、業務その他正当な理由による場合を除いては、これを携帯してはならない」と定められています。

今、肥後の守を持ち歩いていて捕まると、「2年以下の懲役又は30万円以下の罰金」を科せられてしまうんですね。

ナイフで削って、ボンドで貼り付けて、またヤスリで削って

話を戻して、木材の赤い線に沿って、取り敢えずは大雑把に削っていきます。

荒カット

削り出した2枚の部材を重ねて木工用ボンドで接着し、お尻に型紙を貼り付けます。

二層にして型紙貼って

この型紙を目安に、クラフトナイフでもう少し削り込み、続いて鉄ヤスリ、紙ヤスリと番手を細かくしていきながら、求める形状へと近づけていきます。

ある程度、形が整ってきたら、別に作っておいたパーツを再び木工用ボンドで接着し、三層にして最終形へとあともう一歩。

三層に

最後に、番手の細かい紙ヤスリで全体的に磨き、完成です。

我ながらうっとりするような出来

出来あがったのがコレ。

削り出し完成
曲線とか美しくないですか! イヤー、我ながらイイ出来だなと感心。

試しにカメラに乗っけてみると、こんな感じに。

カメラに付けて
もう、このまま接着して完成にしてしまってもいいんじゃないのってくらいイイ感じです。

でも、結果がどうなるかは別にして、革の加工には是非とも挑戦してみたいし。なので、E-PL3 用のカスタムグリップ作り、まだ続きます。



tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/725-f90207ad

<< topページへこのページの先頭へ >>