失われた 2013年の秋を探して

カメラに自作グリップを取り付けたので、その使用感の試しも兼ねて、毎度お世話になっている鶴見川沿いのランニングコースに、今年の秋を探しに出掛けてみました。

気温的には冬に突入している感もありますが、穏やかな日差しのお昼過ぎ、川沿いのベンチでお弁当を広げている人の姿もチラホラと。

2013秋-01

アートフィルターの「ポップアート」を使って撮影。赤味が鮮やかに強調されて綺麗は綺麗なんだけど、人工感が強過ぎるかな。

2013秋-02

こちらも「ポップアート」を使って落ち葉を。既に命が無くなっている落ち葉だからか、これはこれで人工感が嫌だなとはそれほど感じません。

2013秋-03

秋と言えばススキ。スッキリ晴れ上がった青空をバックに。

2013秋-04

ススキと言うと、なんとなく寂しさを演出する秋の風物詩の一つというイメージしかありませんでしたが、見方によっては魅力的にもなるんですね。

2013秋-05
因みに、ススキには魔除けの力があるって信じられていたそうです。

秋の日差しを受けて、輝いているような。色が赤や黄色に染まっても、葉が丸まってしまっていると光を上手く反射出来ずに、写真に撮っても沈んだ感じになってしまうのを今回知りました。

2013秋-06

カマキリの衣装も秋仕様。こちらをジッと見てる感がアリアリと。

2013秋-07

フェンスにまとわりついている葉にも紅葉が訪れて。

2013秋-08

少しずつ日が傾いて、気温も急に降下中。

2013秋-09

逆光なのであまり上手く撮れていませんが、ススキの穂が飛び散る様が綺麗かなと。

2013秋-10

マンションの間から覗く夕焼け空。

2013秋-11

ススキと富士山と夕焼けと。久しぶりに夕焼けに染まる富士山を見る事ができました。

2013秋-12

すっかり陽が落ちて街灯灯る頃、秋の夕暮れはいつもいつも寂しい気持ちにさせられて。

2013秋-13

どうやら今日は満月だったようです。日産スタジアムからプリンスぺぺ方向に上がる月を臨んで。実際にはもっと大きなイメージで、もっとクッキリした月だったのに、まだまだ上手に写せません。

2013秋-14


鶴見川から日産スタジアムへと続くアプローチ。まだ大して遅い時間じゃないのに、雰囲気はすっかり夜。風で手がかじかんできました。

2013秋-15

そう言えば、ブリップの使い心地、抜群に良かったです。ストラップを腕に巻いて、片手でカメラを持って歩いていましたが、グリップに指がかかり保持するのも楽だったし。

ということで、機能的にはほぼ100点満点をあげられると思います。


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/740-fcd1f34a

<< topページへこのページの先頭へ >>