OLYMPUS PEN E-PL3 の使い方解説 (その2)

OLYMPUS PEN E-PL3 の取説を読み解きながら、使い方を解説していく(ってほど偉そうなもんじゃなくて、自分なりに理解していく)シリーズ2回目。

前回、撮影モードから始めて、撮影モードとセットで使う2つの機能「ライブガイド」と「ライブコントロール」の中身に関して触れました。

「iAUTO」モードと「ライブガイド」、「P/A/S/M」モードと「ライブコントロール」はそれぞれ専用の組み合わせではありませんが、初期設定では専らその組み合わせで使うように設定されています。

なので、「ライブガイド」と「ライブコントロール」をどのモード(一部限定されますが)でも自由に使える(呼び出せる)ようにするには、そのための設定が必要となります。

今回は、この設定方法のお話なんですが、これがかなりややこしい。

カメラをいじりながら、取説をあっちのページ、こっちのページと行ったり来たりして、少しずつ少しずつ理解を深めていき、何とか理解したような気がしますが、まだ整理し切れてないかも。

Fnその他ボタン

「ライブガイド」を、「P/A/S/M」モードで使えるようにする

先ず、「ライブガイド」を「P/A/S/M」モードで使えるようにするために、その機能を[Fn]ボタンに割り当てることからやってみましょう。

[MENU]ボタン → 「カスタムメニュー」 → 「ボタン/ダイアル」 → 「ボタン機能」
                           → 「[Fn]ボタン機能」 → 「ライブガイド」を選択

簡単に出来るように思いますよね。実際、簡単そうに見えるのですが、ここに落とし穴があるんです。実はこの[MENU]ボタンの中身(設定項目)が「撮影モード」ダイアルによって変わるんです。

具体的には、「撮影モード」を「iAUTO」にして[MENU]の中に入っていくと、上記操作の最後の「[Fn]ボタン機能」の中に「ライブガイド」という項目が存在していません。

また、「SCN」モードでは[MENU]の中で「ボタン/ダイアル」設定がグレーアウトされていて選択できないようになっています。

モードによってMENUの中身が変わるというのは、普通にあり得ることかもしれないけれど。

でも、その事が取説の(多分)どこにも記載がないので、その事に気が付かずに、たまたま「撮影モード」が「iAUTO」の時に、「ライブガイド」機能を[Fn]ボタンに割り当てようとすると、「あれ~、設定が無いよー」ってことに。

更にイヤらしいことに、「P/A/S/M」モードで[Fn]ボタンにキチンと割り当てた後、何かの拍子に「iAUTO」の状態で[Fn]ボタンへの機能の割り当てを見ると、「Off」になってしまっています。

あれー?って思って、ここで他の機能を何の気なしに割り当ててしまうと、「P/A/S/M」モードでの「ライブガイド」機能の割り当てもリセットされてしまうんです。

整理すると、「P/A/S/M」モードの状態で[Fn]ボタンに「ライブガイド」機能を割り当て、「iAUTO」モードでの[Fn]ボタンへの機能の割り当ては「Off」のままにしておく。

「ライブコントロール」を「iAUTO」「ART」「SCN」の各モードで使えるようにする

続いてもう一つの機能「ライブコントロール」を「iAUTO」「ART」「SCN」の各モードでも使えるように設定を変えていきます。

取説には「『カスタムメニュー』で設定します」としか書かれていません。取説の「カスタムメニュー一覧」は8ページ以上に渡っているのに、そのどこで設定するのか明示されていません。

「カスタムメニュー一覧」の中で、「ライブコントロール」(LVコントロール)の記述があるのは、「コントロール表示」という項目しかありません。

なのでこれなのかなって思うのですが、でも、ここでの設定って「操作画面の表示/非表示を、撮影モードごとに設定できます」とあります。あくまで「表示/非表示」の切り替えに過ぎないのでは?

コントロール表示2
では、「操作画面の表示/非表示」とはどこに影響してくるのかというと、撮影状態で[INFO]ボタンを操作すると順番に画面が切り替わるのですが、その “順番” の中に「入れる/入れない」(表示/非表示)を選択する訳です。

またこの表が、どのモードで「ライブコントロール」と「ライブガイド」が使えるのかを理解するのに、大きな妨げになっているように思うのですが。

何の知識も無しに上の表だけを見ていると、「ライブコントロール」は全てのモードで使える一方、「ライブガイド」は「iAUTO」モードでしか使えないかのような印象を受けます。
(実際は、「ライブガイド」は「iAUTO」「P/A/S/M」モードで使えます)

繰り返しになりますが、この表は単に「撮影状態で[INFO]ボタンを操作した時に “表示できる” 機能」を明示しているに過ぎません。

モードの違いによる “使える機能” を表しているのではないのです。

それなのに! 

それなのに、「ライブコントロール」機能に関しては(「スーパーコンパネ」も同じですが)、この表示の「On/Off」が、そのままその機能の「使える/使えない」とイコールになるんです。

ね、イヤらしいし、分かり難いでしょ。

この記事を書いた後、更に取説を読み解き、使い方の理解を深めていったら、結局、上の「Control 表示」の「On/Off」は、「撮影モード」によって使える機能と(ほぼ)イコールになるという理解に至りました。(「P/A/S/M」モードで「ライブガイド」を使うのは間違っているような気がするし)

ってことで、だいぶ回りくどい説明になってしまいましたが、「ライブコントロール」を「iAUTO」「ART」「SCN」の各モードで使えるようにするには、以下のように設定していきます。

[MENU]ボタン → 「カスタムメニュー」 → 「表示/音/接続」 → 「Control表示」
                       → 「各種モードを選択」 → 「LVコントロール」を[On]

[INFO]ボタンでの表示切り換え

ついでにもう一つ愚痴を言うと、この[INFO]ボタンでの表示切り換えの説明がまた不親切。

「機能設定の操作パネルを選ぶ」(P32)という大項目に続いて、「[OK]ボタンを押すと機能を設定するための操作パネルが表示されます」と説明があり、その下に各モードで表示される情報が順番に切り替わる説明図があります。
(でも、この説明図の中に、「iAUTO」モード時の説明が欠落しているのはなぜ?)

この説明だけ読んで、[OK]ボタンを押す度に情報画面が切り換わるのかと誤解し、何度やっても切り換わらないじゃんって、しばらく困惑状態にありました。

まあ、注意深く見ていけば、ページの冒頭に「[INFO]ボタンで撮影時の情報表示の切り換えができます」とあるので、単に私の理解不足なんですけどね(私だけ?)。

正しい操作は、[OK]ボタンを押してから、[INFO]ボタンで撮影時の情報表示を切り換えていく。

次回に続く。


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/756-63ac0a4d

<< topページへこのページの先頭へ >>