OLYMPUS PEN E-PL3 の使い方解説 (その3)

OLYMPUS PEN E-PL3 の取扱説明書を読み解いていくシリーズ3回目。

1回目は基本の「撮影モード」と、それと組み合わせて使う「ライブガイド」「ライブコントロール」という2つの機能を紹介しました。

2回目「ライブガイド」「ライブコントロール」を色んな撮影モードで使えるようにするための設定を紹介しました。

3回目の今回は、“簡単”「撮影モード」の一つ、「シーンモード」(SCN)の中身に関して。

今回の操作で使う

「シーンモード」の23種類の大まかな設定内容

「シーンモード」は、様々な撮影状況に合わせてモードを選択すれば、カメラがその状況に最適な設定をしてくれるというものですが、その中身には以下の23の種類があります。

シーンモード種類設 定 内 容
ポートレート背景がぼけやすいように出来るだけ小さい絞り値に設定される
e ポートレートHDTVで見る際に、クッキリ見え過ぎないように肌を滑らかに整える
風景青・緑を強調し、広い範囲でピントが合うよう出来るだけ大きな絞り値に
風景&人物被写体と背景の両方にピントが合うよう出来るだけ大きな絞り値に
スポーツ動きのある被写体ぶれを防ぐよう出来るだけ早いシャッタースピードに
夜景通常より遅いシャッタースピードで撮影されるのでぶれないように注意
夜景&人物夜景を背景にした人物を通常より遅いシャッタースピードで撮影
チャイルドシャッター速度が遅くならないよう明るさ不足の時はISO感度を上げる
ハイキー明るいシーンを明るく再現するよう、明るさを強調する階調に設定
ローキー暗いシーンを暗く再現するよう、暗さを強調する階調に設定
ぶれ軽減シャッター速度が遅くならないよう明るさ不足の時はISO感度を上げる
マクロクローズアップ撮影に最適(被写体に近づける距離はレンズに依存)
ネイチャーマクロクローズアップで花や昆虫を鮮やかに撮影する(同上)
キャンドル温かみのある色を再現するようフラッシュを使わずにISO感度を上げる
夕陽赤・黄の色を鮮やかに再現する
文書コントラストを高く設定し、文字と背景の明暗をはっきりと再現する
パノラマパノラマ画像を作成するための画像を撮影
打ち上げ花火シャッタースピードは長秒時に固定され、フォーカスもMFに固定
ビーチ&スノー晴天の海や雪山で、空・緑・人物を鮮やかに再現
フィッシュアイコンバーターレンズ(フィッシュアイ)を使う時に
ワイドコンバーターレンズ(ワイド)を使う時に
マクロコンバーターレンズ(マクロ)を使う時に
3Dガイドに沿った2枚の撮影で3D写真を撮る

「シーンモード」の種類の名称に頼って、その場に合うモードを選べばいい訳ですが、それぞれのモードが中でどんな設定がなされているのかを何となくでも知っておくのも悪くないかと。

「そうか、『ポートレート』では出来るだけ小さい絞り値に設定されるのか」とか、「『夜景』では遅いシャッタースピードになるから、手ぶれに要注意だな」みたいな感じかな。

とは言っても、上の表では本当に “何となく” 程度で、知っていても役に立つのかは微妙ですけどね。ただ、より詳細な内部設定を熟知する必要もないでしょうし。

「スーパーコンパネ」で現在の詳細な設定状態を確認

例えば、「ポートレート」では「シングルAF」なのが、「チャイルド」では「コンティニュアスAF」になったり、「風景」では「シャープネス」と「コントラスト」がそれぞれ[+1]補正されたりしています。

このようなカメラの詳細な設定を確認するには、「スーパーコンパネ」なる機能が便利なので、ついでに「スーパーコンパネ」について説明しておきましょう。

「スーパーコンパネ」とは、撮影の機能を一覧にして液晶モニターに表示したもので、現在の設定状態の確認や、画面上で機能を選択して直接設定を変えることが出来る機能です。

これを使えるようにするには、あらかじめ設定をしておく必要があるのですが、これは前回「ライブコントロール」を「iAUTO」、「ART」、「SCN」の各モードでも使えるように設定したのと同じ手順で出来ます。

[MENU]ボタン → 「カスタムメニュー」 → 「表示/音/接続」 → 「Control表示」
                    → 「各種モードを選択」 → 「スーパーコンパネ」を[On]

使うには、撮影状態で[OK]ボタンを押すと(撮影モードによって、「シーンメニュー」や「ライブコントロール」といった)各種機能を設定するための操作パネルが表示されるので、その状態で[INFO]ボタンを押して情報表示を切り換え、「スーパーコンパネ」を表示させます。

「スーパーコンパネ」の中身を見てみましょう。

スーパーコンパネ(説明)
[OK]ボタンの周りにある四方向ボタンでカーソルを動かすと、その機能の名称が左上の「ガイド」に表示されます。[OK]ボタンを押すと、その機能が選択され、設定を変更できるようになります。
(但し、「撮影モード」によって、設定がロックされている機能もありますが)

下段の「撮影モード」、「シャッター速度」、「絞り値」等は「スーパーコンパネ」では操作できません。

「スーパーコンパネ」の各機能に関しては、「ライブコントロール」と比較しながら説明したいと思いますので、また別の機会に。

次回は、“簡単”「撮影モード」の内、もう一つの「アートフィルター」(ART)を見ていきます。



関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/757-cf58ad6a

<< topページへこのページの先頭へ >>