OLYMPUS PEN E-PL3 の使い方解説(その10)

オリンパスのミラーレス一眼カメラ E-PL3 を買って、取り敢えず取扱説明書をざっくりと目を通した後の感想は、“凄く面倒臭そう” ってものでした。

なんか、情報が整理されていないというか、必要な情報がどこにあるのかも探し難いし。

何となく取説を読み解くのを敬遠し、使っている内に自然に理解を深められるかと楽観していたのですが、中々どうして、そんな甘いものではありませんでした(当方、一眼カメラ初心者なんで)。

E-PL3取扱説明書
まあ考えてみれば、機能や使い方を理解するという事は、一眼カメラ(ミラーレスだけど)で “何が出来るのか” を知るという事に繋がっていきそうです。

また、一旦理解すれば、オリンパスの後継機でも、あるいは他社の一眼カメラに買い換えたとしても、基本事項としてそれなりに応用が効くのではないかと。

更に、E-PL3 の詳しい設定方法や使い方を紹介してくれるサイトも見つけられなかったので、個人的視点としてもまとめておけば、誰かしらのお役に少しは立てるかもしれないし。

そんな思いで始めたのが、この「取説を読み解きながら、使い方を解説していく」シリーズです。

自分なりに理解した積りで書いていますが、では “自分の理解” が言葉(+いくつかの写真等)でキチンと伝えられているかというと、まあ疑問は残りますね。

なので、最終回の今回は、カメラを使う場面を想定しながら、流れに沿ってこれまで紹介してきた機能や設定を(私のおススメも含めながら)俯瞰していきたいと思っています。

第1回~第9回までの目次

先ずは、第1回~第9回までで触れてきた内容を整理してみました。

第1回:「撮影モード」「ライブガイド」「ライブコントロール」を紹介

第2回:「ライブガイド」「ライブコントロール」を色んな撮影モードで使えるように設定する

第3回:「シーンモード」(SCN)の中身と「スーパーコンパネ」を色んな撮影モードで使う設定

第4回:「アートフィルター」(ART)と「アートエフェクト」による仕上りの違いを比較

第5回:「ライブガイド」を使った効果の違いと、「ピクチャーモード」による仕上りの違い

第6回:[INFO]ボタンによる「撮影情報表示」の切換えと、「機能設定操作パネル」の切換え

第7回:「ライブコントロール」と「スーパーコンパネ」の機能調整項目を比較

第8回:「P/A/S/M」モードでの撮影方法と、これらのモードで「ライブガイド」が使えない理由

第9回:「拡大オートフォーカス」とか「ブラケット撮影」など、便利そうな機能や設定を紹介

[INFO]ボタンで表示させる情報の選別

さて、実際に撮影を開始する前に、カメラを自分が使い易いようにカスタマイズしておきましょう。と言っても、あくまで “私の好み” なので、参考程度に見て頂ければと思います。

先ずは、撮影時に[INFO]ボタンで表示を順番に切り換えていく「撮影情報」の「On/Off」から。

「基本情報」→「ヒストグラム」→「ハイライト&シャドウ」→「比較」→(元へ戻る)

取り敢えず、「表示OFF」以外は全て「On」にしてみました。慣れたらもう少し整理するかも。

続いて、同じく[INFO]ボタンで切り換えていく「機能設定操作パネル」の「On/Off」

こちらは「ライブコントロール」と「スーパーコンパネ」の2つをどうするかということですが、ここで書いた通り、「スーパーコンパネ」を「On」にして、「ライブコントロール」は「Off」にしようかと。

「スーパーコンパネ」は全てのモードで表示可能ですが、そのための設定はこちらを参照。


INFOムービーFnボタン

[Fn]ボタンと[ムービー]ボタンに登録する機能を選択

[Fn]ボタンと[ムービー]ボタンには各種の機能を登録することが出来るので、(自分は)普段どの機能を使う頻度が高そうかな、という選択です。

登録したいなという候補機能はいくつかあります。私的には、「AEL/AFL」(露出を固定)、「プレビュー」(設定された絞り値でプレビュー)、「デジタルテレコン」(中央部を切り出して2倍で撮影)、「MF切換」(AF方式が[MF]に切り換わる)といったところでしょうか。

当初、「ライブガイド」も候補に入れていたのですが、「P/A/S/M」モードで「ライブガイド」を使うのはあまり賢明ではないような気がしてきたので、候補から外しました。

ということで、結果的には(取り敢えず)以下のように。

[Fn]ボタン     → 「MF切換」機能
[ムービー]ボタン → 「デジタルテレコン」機能

「MF切換」機能なんて使う場面が想定出来ない(基本的にはAFを使うので)って思っていましたが、[MF]に切り換えることで(フォーカスリングに触れない限り) “ピントを固定” できるんですね。

因みに[ムービー]ボタンは、そもそも録画の「開始/停止」機能が割り当てられているわけですが、このボタンにムービー撮影が設定されていない(他の機能を設定した)時には、モードダイヤルを「ムービー」モードにし、シャッターボタンで録画の「開始/停止」をすることになります。


えーっと、最終回の積りで書き始めたのですが、これまでの目次とカスタマイズ系だけでそこそこ長くなってしまいました。ということで、もう1~2回続きそうな勢いです。



関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/764-f4e5cf50

<< topページへこのページの先頭へ >>