カメラ用自作インナーボックスにフタを付けてみた

カメラを外に持ち出すのにウェストバッグタイプに拘るのは、使い勝手がイイというのが一番の理由ですが、その格好のままランニングをする機会が多いというのにも起因しています。

ショルダーバッグでランニングは無理だし、リュックサック(デイパック?)でも走る勢いで跳ねてしまったり、背中が蒸れたりで、ランニングと一番相性がいいのはウェストバッグだと思います。

今回自作したカメラ用インナーボックスにカメラを入れてランニングする場面も想定していたのですが、いざ実際に走ってみると、ボックスの中でカメラが弾むんです(当たり前)。

困ったな、と。

ウェストバッグに入れて

また、走り出して暑くなってくると、脱いだウィンドジャケットをウェストバッグに突っ込んでという場面もあり、剥き出しのカメラの液晶の上に置くことになるので、微妙に不安も感じて。

それならいっそ、フタを作ってしまおうかと。目指すのは、外側との接触を遮断しつつ、カメラを押さえつける(ボックスに固定する)役目も担ってくれるような形状。

と言っても、大したことをやるわけではなく、ボックスの上面と同じ大きさの一枚板の内側に、カメラの液晶側の形状に合わせて突起を形成してあげるだけ。

現物合わせであっさりと完成

ハイ、出来上がり。インナーボックスと同じ素材(EVAマットの色違い)の板に、内側からカメラ形状に合わせて、同じくEVAマットを切ったものを両面テープで貼りつけただけ。

タコ糸止め
手前側の細い形状の部材は、流石に両面テープでの固着が弱く、針とタコ糸で縫い合わせました。

タコ糸で縫う

接着剤も探したのですが、EVAは残念ながら(想像通り)難接着素材で、EVA同士を強力に固着してくれるような接着剤は存在していないようです。

他のパーツは接着面もそこそこ広いので、両面テープだけでも取り敢えず問題無さそうです。

フタはめこみ
カメラ側の突起に合わせて何カ所か微妙に切り刻んだりしていますが、基本は板材を切断して貼りつけただけ。

フタを閉めて完成。

フタ完成

内側に貼り付けた突起部材の外周寸法を、インナーボックスの内周寸法よりも微妙に大きく作っているので、素材同士の摩擦力でそれなりにキッチリと嵌り込んでくれます。

ランニングの時とかは、フタの上に(ウィンドジャケットとか)何かしらが乗っていることが多いと思われるので、下からカメラの弾みで押されて外れる、という心配もあまりないかな。

それにしても、このEVAのジョイントマット、こういう用途の素材としては本当に理想的。

充分な弾力性(クッション性)がありながら、何かを形作るのに必要な固さもあり、また加工もカッターのみでOKなのでとても簡単。素材同士の固定は上記の通り、ちょっと大変ですが、まあ許容範囲。

機会があったら、是非お試しあれ。



関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/769-32a13466

<< topページへこのページの先頭へ >>