ダイソーの写真用紙「光沢紙 L版」40枚入り105円はイイ!

カメラを常に持ち歩くようになって丸2年。いろんな所で様々な写真を撮って、中には人物の写真を撮ることも多くありました。

その人物写真をどうしているかと言うと、ハードディクスの肥しになっているというのが現実。

「写メ」とかだと、相手に送ること自体が写真の目的でしょうから、「撮って送って完結」してしまうんでしょうけどね。写真のあり方も、時代と共に変遷していく訳ですね。

写真を撮っておいて相手にあげないのは、何となく気持ちがモヤモヤ

でも、普通にカメラで撮った人物写真はどうするか。家に帰ってからメールに添付して送信、あるいはネット上の無料ストレージにアップして、みんなでシェアするとか。

たまにそんな試みをすることも無くは無いのですが・・・・・逆の立場になって考えると、メールに添付されて送られてきた自分の写真なんて、一瞬開いて見て、それでお終い。

まあ、そんな感じでOKなのかもしれませんけどね。

先日、たまたまプリントアウトした人物写真を、その写真の本人に差し上げたら、思いのほか喜んでくれたんです。喜んでくれたのも嬉しかったし、自分の中のなんとなくモヤモヤっとしていた気持ちもスッキリした感じでした。

私なんかは、まだ昔の感覚が抜け切れていないので、相手の写真を撮ったのに、その写真に対して何の行為もしないことに “罪悪感” を感じてしまうんです。

で、考えてのは、「プリントアウトして相手にあげる」ってのは悪くないかもってこと。少なくとも「メール添付」と違って “実体” があるわけですから、何となく “完結感” があるような気がして。

もちろん、中には「そんな写真貰ってもねー」って人もいるでしょう。でも、それをそのままゴミ箱に捨てるのは相手の勝手ですから、わたしのあずかり知らぬところです。

その意味では自己満足なのかもしれませんが、何もしないよりはいいかと。

と言うのが(長い)前置きで、本題は写真用紙のお話。

キャノン:0.27mmで1枚約3.7円 VS ダイソー:0.23mmで1枚約2.6円

いつでもサッとプリントアウトしてあげられるように、「L版」の用紙を買いました。キャノンの「光沢 ゴールド」というやつの400枚パック。100枚ずつ4袋に分けられて入ってました。

キャノン写真用紙
アマゾンで1490円だったので、1枚当たり約3.7円。昔から考えるとずいぶんと安くなりました。

今はキャノンのプリンターを使っているので、純正の方が発色がいいだろうって思いで選びました。ところで、以前エプソンのプリンターを使っていた時に買った用紙も何枚か残っています。

また、最近では100円ショップでも写真用紙を売っています。で、用紙によって印刷結果はどれくらい変わってくるのかなってのが、今回のクエスト。

買ってきました。ダイソーにて、「光沢紙 L版」40枚入りで105円。1枚当たり約2.6円。

ダイソー写真用紙

キャノン、ダイソーにエプソン製も加えて印刷品質を比較

エプソン製の用紙は昔買ったものなので、価格も正確なスペックも分かりませんが「光沢紙」です。この3枚に、同じ写真を印刷して、比べてみたいと思います(プリンターは、Canon MP560)。

用紙比較

写真を写真に撮って、モニター上で比較することには無理があると思いますが、3枚を肉眼で見て比較しても、さっぱり違いが分かりません。

A4とか大判での印刷となると違いが出てくるのかもしれませんが、少なくともL版程度では印刷品質の違いを(私は)見分けることが出来ませんでした。

紙厚さえ気にならなければ、ダイソーの写真用紙はイイ

ただ、発色以外にはいくつかの相違があります。

先ず紙厚。

キャノン製:0.27mm
ダイソー製:0.23mm
エプソン製:0.27mm(多分)

ダイソーだけ、安い分だけ少し薄め。それが原因か、印刷から1週間くらい経過したら少し反ってきました。キャノンのは変化無し。(エプソンのは元々反っていたので判断できず)

ただ、ダイソーにも同じ「光沢紙 L版」で0.27mm(0.28mmだったかな?)のものが、24枚入り105円でありました。こちらは1枚当たり約4.4円と、キャノンのものより少し高くなってしまうけど。

もう一点。印刷面の色(印刷前)が、キャノンとエプソンの用紙は “真っ白” 。「これが白だ!」ってくらい眩しいような白です。

一方、ダイソーの用紙は他の2枚と比較してみると微妙にくすんでるかな。ダイソーのものだけを見ている分には、全然違和感を感じない “白” ですが、比較するとねって意味です。

でも、印刷後の “白” は、じっくり見比べても違いは分かりませんでした。

経年変化とかは分からないので何とも言えませんが、元のデータも残っているわけだし、気楽に人にあげるって用途で考えると、ダイソーの40枚入り105円は充分以上に使えそうな気がします。

そもそもキャノンの400枚入りを買った時も、「いっぺんに400枚も必要ないけど」って思いながら買ったわけで、ここに書いた内容を先に知っていたら、間違いなくキャノンよりダイソーの方を選んでいたでしょう。105円で(それも40枚も!)買えるという気楽さはイイですよね。


関連記事
コメント:
yahooの広告が邪魔で文字が読めない、広告をやめろ❗️yahooのアプリ3つも有るみんな同じ
[2014/08/07 20:05] | 井藤律 #- | [edit]
アドブロックで広告を非表示させれば良いと思う
確かにインチキ詐欺広告うざい。
[2015/10/04 14:26] | 通りすがり #N1OpTHoY | [edit]
はじめまして。安価な光沢紙を探していた時にたどり着きました。

ダイソーの40枚入り写真用紙で検索したところこちらのサイトが出てきたのでせっかくなので私見を。
こちらの記事を読んで108円だし、とダメ元で試してみたんですが2016年現在のものはかなり光沢感が弱く、他社製のものより明らかに劣ってます。
半光沢くらいの光り方です。

ダイソーの0.23mm光沢紙は他のサイズもこれと同じコーティングのようで、自作のDVDジャケット印刷にA4光沢紙を使っているのですが、黒はマット紙にかなり近く落ち着いた発色で、カラーは一部潰れ気味になります。

他の用紙についてはこの限りでなく、L判24枚入り、2L判12枚入りの光沢紙の方は一般的な安価な光沢紙と変わらないコート品質で十分使えそうです。値段もあんまり変わらなくなってしまいますが。

ただし2L判については他より安く手に入りますのでダイソーさんの12枚入りを人にもおすすめしてます。

写真用紙は個人の感性も入りますので自分の意見が正しいとは言い切れませんが、同じようにたどり着いた人に参考になればいいなと思いコメントさせていただきました。

長々と失礼いたしました。
[2016/06/25 15:02] | #t9zaYmeg | [edit]
コメント、ありがとうございます。

そうですかー。キャノンの400枚パックを消費し切れずに、この記事を書いて以来、他の写真用紙を購入していないので、時とともに商品の中身(品質)も色々と変化しているのかもしれませんね。

私自身、他の100均商品で、以前はもっと高品質だったような気がするけどって思うことも少なくありません。逆に、今はこんな商品まで100均で買えるようになったんだって驚くこともあります。

その意味では、100円で“試せる”ってことが、100均商品の最大の魅力かもしれませんね。
[2016/07/05 12:02] | taka14 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/781-f9f0e4d5

<< topページへこのページの先頭へ >>