キャノン S100 用にカスタムグリップを製作

2ヶ月くらい前かな、ずーっと愛用していたキャノンのカメラ S95が故障してしまいました。「レンズエラー」と表示され、レンズが出たまま固まってしまったんです。

S95レンズエラー

取り敢えず別の目的(ハイスピード撮影)で買ったカシオのカメラを使っていたのですが、その違いにビックリ。S95を使っていた時は、綺麗に写るカメラだなって思ってはいたのですが、これほど違いがあるとは本当に驚き。

特に室内での撮影では違いが顕著に出ます。カシオのカメラでフラッシュなしで撮影すると、直ぐにノイズが乗ってきます。といって、フラッシュでも思うような写真が撮れなくて。

しばらく使っていましたが、どうも我慢できず新しいカメラを買うことに。

S120を買う積りはサラサラないけれど、S95、S100、S110で迷う

キャノンのこのシリーズ、S95の後、S100、S110と出て、現在はS120が最新機種となっています。コンデジを使うのは、ほとんどはこのブログ用になので、最新機種を新品で買うまでの入れ込みはありません。

旧機種をヤフオクで買う積りで、S95も含め、S100、S110のどれかと思って探していました。

因みに、壊れたS95を修理に出すと、一律で約1万円かかるそうです。ヤフオクでのS95の落札価格を見ていると、大体1万円前後という感じでした。

1万円出して、再びS95の中古を買うか、それとも1万円で手元のS95を修理に出すか、しばらく悩みました。使い慣れたS95に愛着もあっただけに悩ましい。

S95だとそこの踏ん切りがつかないので、どうせならもう何千円か出して、S100かS110を買おうかなと。ズームがS95の3.8倍から5倍になっているのも、結構魅力的かなって。

最後はたまたま出品されていたS100を落札。「カメラのキタムラ」の5年保障期間がかなり残っているのが決め手になって。今回の様な故障があると、結構ナーバスになってしまいます。

一番の印象の違いは、薄くなったこと

レンズ出っぱなしのS95と、S100とを並べてみると(グリップ付きがS95)。

S95&S100-1

上から見ると、胴体が薄くなって、前面のコントローラーリングの厚みも薄くなっているのが分かります。寸法の変化以上に、持ってみた時の感触が “薄さ” を実感します。

S95&S100-3

S100は、前面にゴム製のパーツでグリップをつけていますが、「無いよりいいけど」って感じかな。S95のリチャードフラニエックのカスタムグリップは本当に使い易かっただけに、これでは不満足。

捨てられずに残しておいた “力作” でカスタムグリップ製作

せっかくなので、似たようなグリップを着けたい。好都合なことに、E-PL3 用のグリップを自作している時、加工の途中で削り過ぎてE-PL3 用には小さくなってしまった木のグリップがあります。

これをS100にあてがってみるとこんな感じ。角のカーブを修正し、S100本体のグリップの出っ張りを避ける溝も掘ってやる必要があります。グリップの厚みももう少し薄くした方がいいかも。

S100グリップ

で、地道に削って出来あがったのがこれ。まだ微妙に胴体から浮いていますが、この程度は両面テープの厚みでカバー出来るでしょう。グリップの厚みは、コントロールグリップの前面より出っ張る形になりますが、まあこの程度はいいかなと(これ以上薄くすると、保持する感覚が悪くなりそうで)。

S100グリップ3

黒のラッカースプレーで塗装し、強力両面テープでカメラ本体に装着して完了。

S100グリップ装着

黒の感じが微妙に違ったりして、見た目的には“完璧” とは言えないけれど、カメラを保持した感じは本物のリチャードフラニエックのカスタムグリップとそれほど変わらない(と思う)。


コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/790-def6249c

<< topページへこのページの先頭へ >>