横浜から伊豆熱川に自転車で向かう -- 熱海~宇佐美

前回の続きで、今回は熱海から目的地の片瀬白田へと伊豆の海岸線を自転車で南下します。

熱海を出発したのは、2時少し前。ここから目的地まで約52km。順調にいっても3時間強はかかる計算になるので、5時くらいに到着予定でしょうか。集合時間には大幅に遅れそうです。

熱海から錦ヶ浦を通過して

さすがに熱海、もう梅の花が満開です。

熱海の梅

熱海駅前から坂を下り海岸に出たら、いよいよ伊豆半島の南下開始です。熱海城の下、急な上り坂をひたすら漕ぎ上がると、自殺の名所として名高い(?)錦ヶ浦の断崖の上に出ます。

錦ヶ浦の案内看板を見て、ずいぶん昔に両親と来た記憶がよみがえりました(いや、“観光” でね)。

下は、断崖の上をしばらく走った後に振り返って撮影したものです。この辺り、道路の脇に一段高くなって微妙に狭い遊歩道があるので、そこを自転車で走っていたのですが、これが恐かった。

高所恐怖症の私は、自転車で走りながらフラッと左に倒れたら崖下に真っ逆さまだよなーって考えると緊張で体が固くなり、今度は道路側に落ちそうになったりと大変でした。

錦ヶ浦

崖上をしばらく走ると眼下に見えてきたのはビーチリゾート曽我浦。写真左手の山上に見える建物はケア付きのリゾートマンションだそうです。

ビーチリゾート曽我浦

道路を隔てた山側にはアカオリゾートのハーブ園とかローズガーデンがあります。熱海のすぐ先にこんなリゾート施設があったとは全く知りませんでした。

アカオローズガーデン

長浜海水浴場から網代港を過ぎて

海沿いの道を走る続けるのに、今調べたら低地で海岸の脇を走るのは52kmの内の僅か15kmくらいしかありません(あとは山を登ったり下ったり)。その希少な海岸脇の一つ長浜海水浴場。

長浜海水浴場

沖に見えるのは初島。

沖に見える初島

網代港を過ぎると急な登り坂が。その後、相模灘に沿って山の上を走ります。

相模灘の崖上には2つの長いトンネルが

途中に何箇所かトンネルがありましたが、このトンネルを自転車で走るのが恐いんです。路肩が狭い上に、反響音で大型トラックがすぐ横を走っているような錯覚もあったりで。

そして、この相模灘の崖上の道路を走っていると、ひと際長いトンネルに出会いました。先ずは約500mの御石ケ沢トンネル。

御石ケ沢トンネルに入る前に、その海寄りに廃道っぽい脇道があって、もしかしたらそちらを通ってトンネルの向こう側へ行けるのかなって思ったのですが、行き止まりで引き返してくるのも嫌なのでトンネルへと進入。

長いトンネルは特に恐い。もう、早くトンネルを抜けたいのに出口が中々見えてきません。

御石ケ沢トンネルを抜け出て一安心したら、すぐその先に今度は約650mの新宇佐美トンネルが続きます。見ると、こちらも海寄りへと道路が走っています。

御石ケ沢トンネルの恐さに懲りて、物は試しと脇道へと入って行きました。使われていない道路のようですが、それほど荒れている感じはしません。

トンネルを避けて

途中、2chの「恐い話」に出てきそうなトンネルを抜け(夜、一人では絶対に近づきたくないなー)ると、元の道路へと見事に続いていました。出口側は簡単に鎖で閉鎖されていましたが。

ここから一気に坂を下って、到着したのは宇佐美。伊東の少し手前で、時間は3時過ぎ。熱海から1時間少し走って来ましたが、距離にして約18km。上り下りが多いのでペースが全然上がりません。

体も疲れてヘロヘロなので、次回に続きます。


View 熱海~片瀬白田 in a larger map


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/814-e96f4abf

<< topページへこのページの先頭へ >>