いくつになっても、雪が降ると(心のどこかで)喜んでいる自分が

金曜日の夜から降り始めた雪は、土曜日も1日中断続的に降り続きます。天気予報によると、関東地方は約20年ぶりの大雪で、積雪量は20cm以上になるらしい。

土曜日の深夜、外に出てみると雪は小雨に変わっていました。雪の積もった道路は街灯の光を受けて、やけに明るく輝いています。

雪の夜1


雪が降り始めてから丸一日を経ているので、道路にはタイヤの跡や足跡があります。

雪の夜2


屋根はあるけど、前後は解放になっている自転車置き場は、雪が吹き込んで屋根なんか無いような感じに。風が強かったのと、雪が細かかったので、縦よりも横に振ってる感じだったかな。

駐輪場の雪


朝、外に出てみると、なるほど確かに深く積もっていますが、昨年の大雪の方が「おおっ、雪が積もってる!」感があったような気がします。

雪の朝


因みに昨年はこんな感じでした。まだ降っている最中ということもあるけど、雪の粒が大きいのが写真でも分かります。ボタッボタッて空から落ちてくる感じなので、家のフェンスや木々にもへばりついて、うず高く積もっています。

雪の深さ


昨年は横浜で15cmくらいの積雪量とのことでしたので、降り積もった量で言えば今年の方が深いことになります。車庫の片隅は吹き溜まりみたいな感じで積もりやすかったせいもあるのかもしれませんが、ここだけ見ると30cm以上積もっています。

雪の深さ


今日は日曜日ということもあり、両側の家々からご近所の皆さんが出てきて一斉に道路の雪かき。お昼前には道路自体はスッキリとなりました。

雪かきが終わって


空には青空が。気温も高くなり、適度な運動で心地よい汗をかきました。(って、この時は思っていましたが、夜になると肩や腰に痛みが出てきて、翌日も1日中動きがぎこちなかった)。

雪かきが終わって2



関連記事
tag : 大雪
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/823-eb5741da

<< topページへこのページの先頭へ >>