太い塩ビ管に対応できるよう、ダイソーのパイプカッターを改造

塩ビパイプをカットするのにパイプカッターが欲しい。

これまで金ノコで切ったり、最近導入したホビールータで切断したりしていましたが、結構面倒くさい。カット自体も面倒くさいけど、どうしても綺麗には切断できないので、その後処理が大変で。

雨どい塩ビ管

塩ビ管カッターは、ちょっとお高い

きっと塩ビ管用の専用パイプカッターがあるはずだと探してみると、やっぱり存在していました。その名も「塩ビ管カッター」。もう、名前のまんまです。

でも、これが高い! たかがパイプカッターなのに(いや、言い過ぎか)1万円近くしたりします。

下の写真のやつはΦ42mmまでカット出来るタイプで、かなり安い部類に入りますが、それでも5000円近くするんです。うーん、単なるハサミのお化けみたいにしか見えませんが。

塩ビカッター

単管カッターは、ダイソーのパイプカッターと相似形

でも、いわゆる “パイプカッター” は無いのかなって探すと、ありました。パイプをローラー部とカッター刃とで挟み込み、本体を回しながら刃を少しずつパイプに食い込ませていくタイプです。

単管カッター
これって、単管カッターという名称だったんですね。これだと2000~3000円程度で買えます。

因みに、手元にはダイソーで買ったパイプカッターがあります(420円でしたけど)。これ、自転車のフラットバーハンドルを短くカットするために買ったものです。

パイプカッター
上の写真と見比べてみると、相似形です。ただ、残念ながらダイソーのものは最大パイプ径28mmまでなんです。切断したい塩ビ管の直径は42mm。

ダイソーのパイプカッターを改造してみるかな

2つの違いは、その大きさ(と共に、切断出来るパイプ径)だけ。構造は同じなわけですから。

まあ、金属管を切断しようとするなら、お金を出してキチンとした工具を買いますが、たかが板厚1mm程度の塩ビ管を切るのに、そこまで構えなくてもいいのではないかと。

ダイソーのパイプカッターでも、そのローラーと刃の間に塩ビ管をセットすることさえ出来れば、切断自体は何ら問題なく出来るはずなんです。

それなら、このダイソーのパイプカッターを改造しようかと。

イメージ的には、アームの中ほどで2つに切り離し、ローラーと刃の間を広げ、再び接合する感じかな。パイプカッターの写真を切り張りして、このイメージを視覚化してみました。

接合完成

どうでしょうか? 絵にしてみると、それほど難しいことではないような気がしてきました。接続部材の強度さえ気をつければ、全体強度としてもそれほど不安のないものにできると思います。


コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/832-5bec403c

<< topページへこのページの先頭へ >>