あなたの “夢” が詰まった「理想の一日」とはどんな感じ?

山本周五郎 著「雨あがる」の紹介は、

あなたが「今この時を頑張れる」と思えるような、楽しみや待望の一日とはどのようなものですか?

という問い掛けで終わりましたが、改めて自分に問い掛けてみました。
 
私にとって、「三年に一遍でも」あったらなーって、楽しみにしているような出来事は何なのか? 「こんな一日を過ごせたらなー」って心躍るような一日はどんなものなのか?

この問い掛けに答えるべく心の翼を広げて、こんな「理想の一日」を思い描いてみました。

*****

朝6時。

ハワイの別荘で目が覚めカーテンを開けると、外は今日一日の幸せを約束してくれるような青空が広がっていた。

窓のすぐ外には鳥のさえずりが、そして遠くからは波の音が聞こえてくる。

横で寝ている家内の寝顔には、うっすらと微笑みが浮かんでいる。きっと楽しい夢を見ているに違いない。

海外で活躍している3人の子供たちのことをフッと思いながら、そっとベッドから抜け出す。外へ出てみると、久しぶりに訪れたハワイの海風が心地よく頬を撫でる。

参加予定のトライアスロンレースも少しずつ近づいてくることだし、朝食前に軽くジョギングをしに行こう。海辺の遊歩道を、行き交う人たちと笑顔で挨拶しながら小1時間走ると、心地よい汗と共に体中に充実感が満ちてくる。

家に戻ると、美味しそうなコーヒーの香りが漂っている。

コーヒー

さっとシャワーを浴び、リビングに入るとコーヒーカップからは湯気が。窓の外に広がる海を見ながら飲むコーヒー。このリチュアルのようなひと時が、今日一日の期待に胸ふくらませる至福の瞬間だ。

コーヒーを飲みながら物思いに耽っている間に、日本から持参したアジの干物が焼きあがったようだ。どこに行っても、朝食は白いご飯とみそ汁におしんこがベストチョイス。

朝食後、PCに向かい、各国のエージェントからのメールに軽く目を通す。世界中から注文が殺到しているようで、相変わらず “3年待ち” の状態。感謝の気持ちと共に、待ちわびている人たちへの申し訳ない思いでいっぱいに。

さて、お楽しみの時間だ。ゴルフも悪くないけど、今日は久しぶりの海を楽しもう。目の前の海にボディーボードを持ってでかける。今度子供たちが訪ねてきたら楽しみ方を教えてあげよう。

beach.jpg

昼食は、こちらで贔屓にしているラーメン屋かな。ハワイ用に最近買ったAudi A8 で、家内と一緒に町まで15分のドライブ。

観光地から少し離れたこの町は、いつ来ても独特な時間が流れている気がする。懐かしいような、包み込まれるような、そんなこの町の雰囲気が好きだ。

家に戻って工房に向かう。昨夜、寝る前に思いついたアイデアを試してみたくてワクワクする。このワクワク感を十分に味わいたくて、工房に足を踏み入れるのを半日待っただけに、気持ちははやる。

試作をしてみると、想像通りの結果に胸が躍る。これでまた、世の中に存在していなかったものを生み出すことが出来そうだ。

時計を見ると午後3時。Kindleを左手に、マイタイを右手に持って庭先のハンモックに向かう。読みかけの小説もいよいよクライマックスに差し掛かり、先を急ぎたい気持ちでウズウズと。

どうやらウトウトしていたようで、人の声で目が覚める。久しぶりに訪れた我々を、現地の友人たちが歓迎しようと訪ねて来てくれたらしい。

よしっ、バーベキューの準備をしよう。

新鮮な魚介類を中心に、肉や野菜を焼きながら、ビール片手にみんなでワイワイガヤガヤ。明日みんなで出かける予定のツーリングが話題の中心だ。

夕暮れ

酔いが回るほどに、みな浮かれだし、楽器を持ち出して来て演奏する者も出てくる。

いやー、楽しい!

友人たちが帰って行った後、AVルームで家内と一緒に安息のひと時。マッキントッシュのアンプから発せられる青いランプ光が、いつもながら舞いあがっている気持ちを静めてくれる。

心を満たしてくれるこの心地よい音楽は、前回ここに来たときに製作した塩ビ管を利用したスピーカーからのもの。自作とは思えないような素晴らしい音に癒されながら、今日一日の話をする。

寝る前に、日本の友人からのメールをチェック。来月予定している、イタリア縦断自転車旅行の計画もいよいよ大詰めに。細かいところの確認メールに返信を出し、本日のイベントはほぼ終了。

体を伸ばしながらベランダに出てみると、そこには満天の星空が。こんな星降るような夜空を楽しまずに寝てしまうのは、いかにも惜しい。

星空

今日は、バランタイン30年もので締めることにしよう。

朝食前のひと時が、今日一日の始まりを祝うリチュアルとすれば、寝る前のこのひと時を何と表現しようか。「起きながら見る夢」のような時間なのかな。

ベッドに入り、今日という至福の一日を振り返っていると、またフッとアイデアが浮かんできた。これはまた、明日の朝、目が覚めるのが楽しみ。

おやすみなさい。

*****

バカバカしい? いやいや、「夢」の話です。それも十分に実現可能な夢です。

以前は、こういうことを想像しようとしても、自分でもなんとなくウソっぽくて、現実感も無く、従ってディテールなんてかけらも無かったのに、今回は “リアル” に思い描くことができました。

そう、まるで “現実” であるかのように。

ってことは、間違いなく実現できる「夢」なんだと確信しています。

これまでに何度も書いてきた、「あなたの欲しいものは何ですか?」という問い掛けに対する一つの回答が、この「理想の一日」に詰まっているように感じます。

さて、目的地は見つかったぞ! 後は、そこに向かって進んでいけばいいだけ。


tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/844-02b51452

<< topページへこのページの先頭へ >>