「理想の一日」を手に入れた「理想の私」とはどんな人?

少し前に、「理想の一日」という記事を書きました。

現時点では実現していない “夢物語” です。でも、望みさえすれば決して不可能とは言えない、十分に実現可能な “夢” だと思っています。

でも、今の時点では手に入れていないという “現実” もあります。

では、「理想の一日」をまだ手に入れることの出来ていない “今” と、「理想の一日」が現実になっている “未来” とを隔てているものは何なのか?

違う言い方をすると、私が「理想の一日」を現実のものとするためには、私はどうすればいいのかということです。

夢のbeach

お金を儲ける? 出世をする? 一生懸命働く?

どれも正解と言えば正解なんだけど、もっと根源的なところで言うと、単純に一生懸命働いて、出世をして、お金を儲けるだけでは、きっとこの「理想の一日」は私のものにならないと思います。

こんな「理想の一日」を手に入れるくらい出世する(単に会社の中で偉くなるといことだけではなくてね)とか、お金を儲けられるようになるということは、それに見合うだけの「成長」をしたということ。

アチーブメント・セミナーの中で、講師の青木先生は何度も何度も口癖のように言っていました。

成功は成長の果実

「理想の一日」を手に入れるには、それを手に入れるに “足る” 人物に成長している必要があるんです。単に、宝くじが当たったからといって「理想の一日」を手に入れることはできません。

「成長」と言ってしまうと漠然としていますが、例えば「理想の一日」を手に入れている私はどんな人間になっているだろうか。

あるいは、「理想の一日」を手に入れた私は、どんな人生を送ったのだろうか。

5年後の私はどんな人間になっているだろうか?

先ずは、うーん、5年後(出来れば3年後くらいにしたいな)には「理想の一日」を手に入れている筈なんだけど、その時私はどんな人間になっているのか?

考え方は? 行動は? 周りの人との関わりは? そんな「5年後の私」、言わば「理想の一日を手に入れている理想の私」を想像(もしかしたら創造?)してみましょう。
  • 自信に満ち溢れている
  • 毎日が楽しくて、明日目が覚めるのをワクワクしながら眠りについている
  • 人やモノや出来事に感謝し、感謝され、身の回りが感謝で満ち溢れている
  • いろんな人からいろんなことを頼まれ、それに応えられるのが嬉しい
  • 稀に悪く言う人がいても、それさえも成長の糧として喜んで受け入れている
  • 自分に厳しく、自分に優しく、自分のことが大好き
  • 新しいアイデアが次々と生まれ、そのアイデアを試すのに忙しい毎日
  • 自分の作品が世界に貢献しているという確かな実感を持っている
  • 人生について、生き方について講演して欲しいと、いろんなところから依頼が来る
  • 回りには人生を一緒に楽しむたくさんの友人たちがいる
  • いつも新しいことにチャレンジし、次は何をやろうかとワクワクしている
  • 常に目標設定をし、その目標を達成する過程を楽しんでいる
  • お金、健康、時間に関する不安は何も無い(やりたい時にやりたいことが出来る)
どうでしょうか。遅くとも5年後には「理想の一日」を手に入れているということは、5年後には確実にこういう「私」になっている筈です。

5年後の「成長した自分」を今すぐ手に入れてみる

ところで、よく「成功哲学」系の本に、「もう既に成功しているかのように振る舞う」なんて書いてあったりします。成功者として振る舞うことで、心や体を慣らして(騙して?)いくわけです。

人格にも同じことが言えるのでしょう。5年後に成長して理想の自分になるのでははく、今現在、既に理想の自分になっていると思い込んで行動するってことです。

理想の自分とはどんな自分なのかと改めて見てみると、“気持ち” とか “考え方” に属している項目が多いことに気づきます。最初の「自信に満ち溢れている」なんて、自分の考え方次第ですからね。

逆に言えば、かなりの部分で今すぐ「5年後の理想の自分」になる(なった振りをする)ことは、難しいことではなく、むしろ簡単な話であるわけです。

いい人生だったよな

さてさて、こんな人格を手に入れた私は、「理想の一日」を “毎日” 過ごすことになります。そして、いつの日か人生の扉を閉める日が訪れます。

そのお葬式の日に、家族や友人たちは、私の一生をどんなふうに話すだろうか。

彼は、いつも楽しそうに生きていたよね。自分のやりたい事で世界中からあんなに評価されて、もう何も思い残すことは無かったんじゃないかな。

今回の記事を書いていて、自分自身でも目につくのは、「ワクワク」とか「楽しい」といった言葉。私にとってのキーワードは「楽しむ」ということのようです。

なんてことを考えていたら、ロバート・ハリスの「人生の100のリスト」に戻ってきたようです。ロバート・ハリスのモットーに共感しながら終わりにしましょう。彼のモットーは、こいつです。

人生、楽しんだ者勝ち



関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/849-29368863

<< topページへこのページの先頭へ >>