電動工具に頼りがちな最近、昔ながらの工具の好さを再発見

スチロール樹脂製の円筒状パーツケースの底面に、大きな丸穴を開けたくて糸ノコを買いました

最近では100円ショップでも糸ノコを売っていますが、工具系は結構価格と性能が比例する(100均の工具でも有用なのも多くありますが)ので、敢えてアマゾンでキチンとしたのを購入。

と言っても、600円そこそこですけど。

工具にお金を惜しむべきではないという鉄則(って程、大したもんではないけど)

100均の糸ノコは使っていないのでキチンとした比較にはなりませんが、高価な(600円ちょっとだけど)糸ノコを買って大正解だったなって、実際に使ってみて確信しました。

糸鋸を使う

いやー、作りがしっかりしている。作りに揺らぎが無いというか、きっちりとしているんです。なんの変哲もない糸ノコなのに、使っていて安心感があるんです。

構造的にコの字形のフレーム部分の弾力で、ノコ刃に張力を与えて保持すると共に、ものを切る状態を生み出しているわけですが、この部分の “張り” が絶妙なんです。きつ過ぎず、ゆる過ぎず。

握りもシンプルな形状の木製ですが、手にしっくりときます。それほど大きな力を加えて握る道具ではないので、過不足無く必要十分という気がします。

鋸って、引きノコと押しノコがあるって知ってました?

パーツケースの底面に開けたい円をマジックで描き、その円に接するように糸ノコの刃を通す穴を開けます。その穴にノコ刃を通してから、糸ノコのフレームに刃を固定して準備完了。

糸鋸でカット

大写しにしてみるとこんな感じ。分かり難いと思いますが、ノコ刃は押す方向(下方向に動かした時に切れる)に取り付けてあります。

押す方向

子供の頃、父親の金ノコを借りて初めて使った時、ノコ刃が “押す” 方向に付いていることに違和感を覚えました。その違和感(なんで押す方向に付いているのか)を感じたまま、金ノコとは “そういうもの” だと思ってこれまで使ってきました。

今回、たまたま調べてみたら、「スギなどの柔らかい木材を加工する機会が多い日本などでは、引く方向に刃がついているが、固い木材を加工する欧米では押す方向についている」とのこと。

おー!40年来の疑問が解けた瞬間でした。なるほど、金ノコは金属を切断するので、ノコ刃に力が加わるように押す方向についているってことだったんですね。

(そう言えば、この父親から借りた金ノコの刃を折ってしまい、怒られないようにと接着剤で補修した記憶があります。今考えると、ノコ刃に接着剤って、笑うしかないですね。父親も笑っていた?)

「出来るだけ力を入れない」ってのがコツかな

さて、押す方向にノコ刃を付けた糸ノコですが、いやいや、スーって切れていきます。押す方向にはタダでも力が入りやすいので、出来るだけ無駄な力を糸ノコに掛けないようにしてあげると、本当に気持ち良く切れます。返って変な力を入れてしまうと、ノコ刃が引っかかってしまう感じで。

そんなこんなで、カット完了です。

穴あけ完了

ホールソーを使おうかとか、何とかアクリルカッターを利用してとか、ルーターで切ってから削ろうかとか、色々と方法を考えていたのですが、糸ノコという最も原始的(?)な方法に落ち着きそうです。


コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/854-1181fca8

<< topページへこのページの先頭へ >>